すごく面白いのに~! 書評家が選ぶ“書評を書くのが難しかった本”ランキング

文芸・カルチャー

2013/7/5

『終わりの感覚』(ジュリアン・バーンズ:著、土屋政雄:訳/新潮社)  みなさんの中には、書評をきっかけに読む本を決めるという人もいるだろう。だが、魅力をただ並べるというわけにはいかない書評家にとって、面白すぎる本ほど書評家泣かせなのである。  そこで今回は、ミステリーの分野で活躍中の書評家・杉江松恋さんに“すごく面白... 続きを読む