狗飼恭子の幻のデビュー作がノンカフェブックスから復刊

文芸・カルチャー

2013/8/24

『オレンジが歯にしみたから』(狗飼恭子/ノンカフェブックス)  今年公開された映画『遠くでずっとそばにいる』の原作・脚本を務めた小説家・狗飼恭子氏の幻のデビュー作『オレンジが歯にしみたから』がノンカフェブックスから限定2000部で復刊される。  ノンカフェブックスでは、現在入手が困難な90年代の本を復刊するシリーズを... 続きを読む