テレビ屋にしてベストセラー作家、百田尚樹が「売れる」を語る

文芸・カルチャー

2013/9/15

『ダ・ヴィンチ』10月号(メディアファクトリー)  著作が続々と映像化され、いまや誰もが知るベストセラー作家となった百田尚樹。しかし彼は、ひたすら文学を追求し続けてきた孤高の作家では決してない。テレビマンとして、“人にウケる”ことを考え続け、ひた走ってきた彼が、構成作家という身体能力を生かして文学として昇華したのが百... 続きを読む