作家/家族問題カウンセラー・新川てるえ×ビッグマミィ・美奈子 スペシャル対談 シングルマザーより大変!? 甘くない「継母」の現実とは

ピックアップ

2013/9/27

次の結婚も子どもがいる男性が希望です!(美奈子

S 現在は結婚の4組に1組が再婚という時代なんですよ。

M え、そんなに多いんですか!

S 離婚が増えれば再婚も増えるのは自然の流れで、シングルマザーやステップファミリーは確実に増えています。

美奈子

M 離婚が増えているのは実感しますが、ステップファミリーはあまりわからないかも……。

S 私は職業柄、ステップファミリーであることを隠すことなく口にしてきましたが、まだまだカミングアウトできない継母は大勢いるようです。

M その気持ちは、わかります。あたしも、隠したかった。まぁ全国に知られちゃってますけどね。

(一同爆笑)

S 私がカミングアウトしたときに、まわりが一瞬固まってしまったり、「相手の子どもはなついているの?」といったとんちんかんな質問をされたりして、面倒だなって思うこともありました。だから、継母自身が口にしたくない気持ちもよくわかります。でも、言わないと理解もしてもらえないと思うんですよ。

M だからこそ、この本の価値があります! 「自分だけじゃないんだ」と思えることがどんなに心強いか…。

S 継母がいっぱいいるのに、当事者の声がほとんど描かれてこなかったですからね。

M 昨日お仕事でご一緒したスタッフさんの妹がステップファミリーで、継子との関係に悩んでいると聞いたので、この本をおすすめしました。

S ありがとうございます(笑)。

M 冗談ではなく本気で思ったんです。あたしが悩んでいたときにこの本を読んでいたら、うまくやり過ごせて別れずにすんだのかもしれないなって。だって当時は、ほかのステップファミリーはみんな幸せに暮らしていて、あたしだけがうまくいかないんだと思っていたから。あたしだけが写真立てを割った犯人にされちゃうのはなにが悪いんだろう、どうしたらいいんだろうってツラい日々でした。

S 幸せになるために再婚したのにね…。

M でもあたし、また結婚するなら子持ちの男性がいいなって思ってますよ!

S そ、そうなの!? 

M だから新川さん、次こそ失敗しないためのアドバイスをいただけますか。

S 前向きね〜(笑)。美奈子さん自身のお子さんがまだ小さいから、小さい継子がいる男性はあまりおすすめしませんね。大変だもん、やっぱり。子どもがいない若くてはつらつとした男性にしなさいよ。

M え〜、それってかなりハードルが高くないですか? 6人も子どもがいる女と結婚してくれますかね?

S じゃあ、子どもが大きくなって手がかからなくなった年上の財力がある男性っていうのはどう?

M はい、ちゃんと頭に入れてから恋愛します(笑)。

美奈子さん、カラオケで松田聖子を一緒に歌いましょ!(新川)

新川てるえ

S 美奈子さんの今後の目標はあるの?

M そうですね〜。大きな夢は頭の中にはあるのですが、具体的にどう進めていけばいいのかわからない状態です。

S テレビでおっしゃっていたシングルマザーを支援する活動のことですか。

M はい。だから16年前に「母子家庭共和国」を立ち上げた新川さんを本当に尊敬します。ご自身が子育てまっ最中のときに、シングルマザーのためのコミュニティをつくったんですよね。今のあたしには、とてもじゃないけどできないなって思います。

S 難しいことじゃないですよ。できますよ、美奈子さん。

M だって自分の子育てが現在進行形のくせに、ほかの人の支援をしている場合じゃないだろって言われちゃって。ただあたしはシングルマザーや継母を黙って見ていたくないというか、一緒にがんばりたいだけなんですけどね…。

S ああ、今のお話を聞いて、昔のことを思い出した!

M なんですか?

S 長男が保育園の年長のときに、保育士さんに言われたの。「新川さん、よその母親の支援を一生懸命やっていますけど、それよりも自分のお子さんをきちんをみてあげてください」って。

M え〜? ひどい! どうしてそんなことを?

S 長男に爪を噛むクセがあって、その原因は母親に構われなくてさみしいからだというんですよ。よその親子の面倒を見るヒマがあったら、自分の子どもを見てあげてって。そのときの私は弱かったから、ものすごく落ち込みました。

M 今振り返って、原因はご自分だったと思いますか?

S 今の私なら「うるさい!」って言い返します(笑)。長女は私の仕事を引き継いでいるのですが、それは子どもががんばっている親の姿をきちんと見てくれていたからなのかなって思うんです。あのとき必死にがんばっていたことは、間違いじゃなかったんだって、今なら胸を張って言えます。

M あたしもいろんなところから、嫌みなのか注意なのか、まぁいろいろと言われます。でもね、あたしは自分がちゃんとできてないことはわかっていて、だからこそ子どもたちに助けてもらってると思っています。

S 美奈子さん、シングルマザーや継母経験をどんどん発信していってくださいね。そうすることで、世間の理解が必ず進みますから。

M はい。過去の継母体験だけじゃなく、これからも継母になる気満々なんで(笑)。次こそは絶対に失敗しません! 

S 悩んだら継母飲み会にいらっしゃい。

M 新川さん、カラオケでは何を歌うんですか?

S 私は松田聖子オンリー。美奈子さんは若いからご存じないかもね。

M スナック勤めをしていた時代に覚えたのでバッチリですよ。

S じゃあ、ぜひ行きましょう!

 

作家/家族問題カウンセラー・新川てるえ×ビッグマミー・美奈子

 

(構成・文=小宮静 撮影=山本哲也)

 

継母ですが? もう1つのシンデレラストーリー

amazon

『継母ですが? もう1つのシンデレラストーリー』新川てるえ (原案)、本間千恵子 (漫画) / エンターブレイン / 1050円

全国の継母たちよ、今こそ立ち上がれ!

世界で一番有名な継母(ママハハ)、それは、シンデレラをいびったあの最低最悪の女…でも、本当にそうだったのか……?継母になることを選んだ女性たちの心の中には、一体どれほどの決心があったのか……。そして……自分とは血のつながらない子供を自分の子供として育てることには、どれほどの苦労があるのか……。

ウェブ連載が話題を呼んだコミックエッセイ待望の書籍化!

 

新川てるえ

<新川てるえ>

しんかわてるえ●作家・コメンテーター・家族問題カウンセラー。10代でアイドルグループのメンバーとして芸能界にデビュー。その後、2度の結婚、離婚経験を生かしインターネット上でシングルマザーのための情報サイト「母子家庭共和国」を主宰。雑誌、テレビなどに多数出演。2002年子どもの健全育成と家庭問題に悩んでいる女性の自立支援のためのNPO法人Winkを設立。
NPO法人Wink サイト http://www.npo-wink.org/

美奈子

美奈子

みなこ●テレビ朝日系のドキュメンタリー番組『痛快!ビッグダディ』に出演した6人の子を持つシングルマザー。出産後17キロのダイエットに成功。講談社より、半生をつづった自伝『ハダカの美奈子』を出版。発売3カ月で23万部のベストセラーとなり、元「オセロ」の中島知子主演の劇場版は11月9日に公開予定。
美奈子オフィシャルサイト http://www.acecrew.co.jp/minako/

 

12