書店員オススメ! 短いけれど心に残る、珠玉の短編集

文芸・カルチャー

2013/11/7

『ここがウィネトカなら、きみはジュディ』(大森 望:編/ハヤカワ文庫)  毎日膨大な量の本に接し、本の知識なら誰にも負けない“本のソムリエ”としてとっても頼りになる書店員さん。そこで今回は、三省堂書店大宮店で文芸、文庫、新書を担当する書店員歴11年目の神原美菜さんに“短いけれど心に残る、珠玉の短編集”をセレクトしても... 続きを読む