“終活”ブームの一方で、確実に存在する過酷な現実と、光

社会

2013/11/15

『すばらしい日々』(よしもとばなな/幻冬舎)  60代後半とおぼしき男性が、葉巻をくわえて、煙をくゆらせながら、満足そうな笑顔で座っている。フワフワと温かそうなセーターは、お気に入りの一着なのだろうか。華やかなオーラで輝く彼を、鮮やかな身のこなしのカメラマンが撮影していた。こぼれ落ちようとする笑顔を逃さまいとして、す... 続きを読む