怪談を書く怪談

幽・Mei(冥)BOOKS

2013/12/20

――どんなに些細な話であっても、怪談は決して油断できない。
 
海が怖い。海は死に近いからーー。山では、「この先に行ったら、私は死ぬ」というような直感で足がすくんだこともある。海は、実際恐ろしい目にあったことがないのだけれど、怖い。ある日、友人が海に纏わる怖い話を始めた。話を聞いているうちに、生臭い匂いが立ちこめ……。(「船玉さま」より)