のぞき、レイプ、Hすぎる授業…本当はエロいシェイクスピア

文芸・カルチャー

2014/1/25

『本当はエロいシェイクスピア』(小野俊太郎/彩流社)  『ロミオとジュリエット』や『リア王』、『ハムレット』など、シェイクスピアといえば、格調高い名作を生み出す作家として有名だ。しかし、『本当はエロいシェイクスピア』(小野俊太郎/彩流社)によると、そんな彼の作品にも、のぞきやレイプといったエロシーンが多々あるというの... 続きを読む