中田永一『百瀬、こっちを向いて。』スピンオフ作品が無料公開

文芸・カルチャー

2014/3/6

中田永一の小説『百瀬、こっちを向いて。』のスピンオフ作品「鯨と煙の冒険(全5話)」が無料公開される。第1話は雑誌『ダ・ヴィンチ』4月号と、「ダ・ヴィンチニュース」で、2話以降はJTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」での公開となる。

『百瀬、こっちを向いて。』は恋愛小説アンソロジー『I LOVE YOU』に掲載され話題を呼んだ作品。クラスの底辺でひっそりと棲息していた主人公・相原ノボルは、挑みかかるような瞳の美少女・百瀬陽と出会う。そしてある提案のもと、相原と百瀬は“つきあう”ようになるのだが、このことが相原の世界を一変させることになる――。恋愛の持つ切なさを味わえるみずみずしい恋愛小説だ。

2014年5月には同名の映画が公開される。ヒロイン百瀬陽を早見あかりが演じ、15歳の相原ノボルを竹内太郎が、過去を回想する30歳の相原ノボルを向井理が演じる。

今回のスピンオフ企画は「とある広場であの人と」と題されており、毎月新たな“あの人”が登場する。今回の“あの人”は『百瀬、こっちを向いて。』にて、さえない主人公・相原ノボルが自分の同類で「人間レベル2」とみなすクラスメートの田辺だ。その鯨のようなおだやかな雰囲気の田辺が、不良少年に絡まれるところから物語が始まる。田辺が、逃げ込んだバーで知り合った栗原キリコは大人の雰囲気を持った女性で、煙草の煙をいろいろな形で吐き出せるという特技を持っていた。後日栗原は田辺にあるお願いをするのだが――。「鯨」と「煙」の冒険の結末をぜひ確かめてほしい。

⇒「鯨と煙の冒険(第1話)」(ダ・ヴィンチニュース)
⇒JT「ちょっと一服ひろば」