「2014年本屋大賞」ノミネート! 長岡弘樹サイン会開催

文芸・カルチャー

更新日:2017/11/22

教場』(小学館)で「2014年本屋大賞」にノミネートしている長岡弘樹氏の最新刊『波形の声』が刊行された。それを記念して、著者の長岡弘樹氏のサイン会が東京・三省堂書店有楽町店で開催される。

長岡弘樹氏は、2003年「真夏の車輪」で第25回小説推理新人賞を受賞、2008年『傍聞き』で第61回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。2013年『教場』がベストセラーとなり、同作で「2014年本屋大賞」にノミネートするなど現在もっとも期待されているミステリ作家である。最新作の『波形の声』はタイトル作以下7作を収録した「日常の謎」を描く珠玉のミステリー集となっている。

●サイン会概要
日時:2014年3月5日(水) 19:00~
場所:東京・三省堂書店有楽町店 2階特設会場
参加方法:有楽町店にて『波形の声』を購入された方に、1階レジカウンターにて整理券を配布する。電話での予約も可。
問い合せ:三省堂書店有楽町店 電話03-5222-1200

詳しくは三省堂書店イベント情報(facebook)にて。

■『波形の声』 長岡弘樹 徳間書店 1680円(税込)