「ガンダム」「エヴァ」がフルカラーで読める! 新ウェブコミックサービス「コミックウォーカー」創刊

アニメ・マンガ

2014/3/4

藤田咲

 2014年3月3日(月)、KADOKAWAの新サービス「コミックウォーカー」の創刊発表イベントが行われた。同サービスは人気マンガ200作品を無料で読むことができるもので、サービスは2014年3月22日(土)から開始される。

「コミックウォーカー」で読むことができるのは、KADOKAWAが発行する23のマンガ雑誌とウェブマガジンから150作品と、「コミックウォーカー」オリジナルの50作品の計200作品。全ての作品が無料で閲覧できる。

 作品によっては雑誌掲載時はモノクロだった作品がフルカラー化して掲載される。第1弾は『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』(安彦良和)と『新世紀エヴァンゲリオン』(貞本義行)の2作品。作家が実際に彩色したカラー原稿を参考にコンピューターで彩色しており、作品のイメージを損なうことなくフルカラー化に成功している。イベントで紹介された画像では、暗闇で赤く光るザクのモノアイが不気味に表現されていた。

 日本語以外にも英語・中国語に対応しており、クリックするだけで、作品の途中からでも言語の切り替えが可能になっている。今後発表されていく「コミックウォーカー」オリジナル作品はコマ割りやふきだしの形状など多言語化を前提にした作りになっていき、文字の大きさなどもタブレットよりもスマートフォンで見やすいように大きいものに変えていく予定だという。

 サービス発表のイベントでは、アニメ『ガンダム』のアムロ役で知られ、「コミックウォーカー」のテレビCMでもナレーションを担当した、声優の古谷徹さんと、「艦隊これくしょん~艦これ~」で赤城役を務める声優・藤田咲さんが登壇した。古谷さんは「ほんとうに力強いサービスだと感じた。いろいろ人気の作品が読めるのはうれしい」、多言語化については「海外のイベントに出演したときに、アフレコごっこなどファンとの交流に使えそう」と具体的な使用イメージをコメント。藤田さんは「これをきっかけにまだ出てきてない才能が世界から出てくるかもしれない」とコメントした。

 KADOKAWAは、2014年中に紙の単行本とウェブとの共通の新コミックレーベルを立ち上げ、そのレーベルからは「コミックウォーカー」掲載の作品が単行本化される。さらに新しいクリエイターを発掘・育成する「ComicWalker新人大賞」の創設、「艦これ コミック・イラスト大賞(仮)」の開催も発表された。

 将来的には有料のコンテンツも予定しているということで、「コミックウォーカー」の小林さんによると「今はまだ発表できないが、すごいコンテンツを考えている」ということなので続報を楽しみに待ちたい。

 そして、「C3 in 香港」「ニコニコ超会議」「AnimeJapan2014」など、アニメ関連イベンでの出展も予定されている。2014年3月22日・23日に開催される「AnimeJapan2014」では「コミックウォーカー」の体験コーナーや創刊記念のグッズの配布も行われる。参加される方はぜひ立ち寄ってみてはいかがだろうか。

⇒「コミックウォーカー」ティザーサイト(KADOKAWA)