坂口安吾、森見登美彦…、桜の季節に愉しみたい美しき桜文学

文芸・カルチャー

2014/3/24

「桜の森の満開の下」(『桜の森の満開の下・白痴 他十二篇』所収)(坂口安吾/岩波書店)  「桜の樹の下には屍体が埋まっている」――そんなフレーズを一度は耳にしたことがあるだろう。だがそれが、どこから生まれたものかはご存じだろうか? 出典は梶井基次郎の「桜の樹の下には」(『檸檬』所収)。美しさ、生、死、そして再びの美し... 続きを読む