昨年度、最も人気のあった電子書籍ってなに? いよいよ発表!電子書籍アワード2014

マンガ・アニメ

2014/3/24

『宇宙兄弟』(小山宙哉/講談社)

昨年の電子書籍大賞を受賞したのは『宇宙兄弟』(小山宙哉/講談社)。今年、その栄冠はどの作品に輝く?

 電子書籍を取り巻く環境は、年々変化している。アマゾンの読書専用端末「キンドル」が発表され話題となったのも今や昔で、その後も次々と新サービスが生まれている。

 昨年12月からはじまった無料の漫画雑誌アプリ「マンガボックス」(提供:DeNA)は、公開から約3カ月で、300万ダウンロードを突破。人気上位の作品は約100万人の継続読者をかかえるなど、その影響力は日に日に増している。

 また、今月22日には、新ウェブコミックサービス「コミックウォーカー」もスタート。本サービスでは、KADOKAWA が発行するマンガ雑誌とWebマガジンからセレクトされた連載中の作品をPC、スマートフォンで読むことができる。こちらも無料サービスだ。今後、同様の動きは業界内でますます加速するだろう。

 そんな中、「昨年度、最も人気のあった電子書籍」を決める『電子書籍アワード2014』(主催:電子書籍アワード実行委員会)が発表となる。電子書籍アワード2014では、電子書店(全21社)の年間売上データを総合した独自のベストセラーランキングを集計、3月30日(日)に、この結果がニコニコ生放送にて発表される予定だ。

 昨年は、テレビアニメや実写映画化でファン層を拡げた『宇宙兄弟』が電子書籍大賞に輝くなど、いわゆる“大人向けコミック”がベストセラーランキングを席捲する結果となったが、今年はどうなのか? 2014年のトレンドを占う意味でも要注目だ。

 

◆「電子書籍アワード2014」 開催概要◆


【対象作品】
期間: 2013年に配信されたすべての電子書籍・コミック
ジャンル: 全ジャンル(※アダルト作品除く)

【選考方法】
電子書店の年間売上データから、独自のベストセラーランキングを集計

【発表ジャンル】
総合(TOP50) / 小説(TOP20) / コミック(TOP20) / ライトノベル(TOP10)
教養・雑学(TOP10) / 趣味・実用(TOP10) / ビジネス・自己啓発(TOP10)

【発表日時】
2014年3月30日(日)19:30~ ニコニコ生放送、及びダ・ヴィンチニュース
出演者:吉田尚記(アナウンサー)、東山奈央(声優)ほか
⇒番組視聴予約はこちらから

  • 吉田尚記(アナウンサー)
  • 東山奈央(声優)

【協賛】
DMM.com / BookGate Cafe / Booklive! / honto

【データ協力】
eBookJapan / GARAPAGOS STORE / 紀伊國屋書店Kinoppy / Kindle Store
コミックシーモア / DMM 電子書籍 / dマーケットdブックストア / 電子貸本Renta!
どこでも読書 / BOOK☆WALKER / BooksV / ブックパス / BookPlace / BookLive!
honto電子書籍ストア / mibon / めちゃコミック / Yahoo!ブックストア
LINEマンガ / 楽天kobo / ReaderStore


電子書籍アワード2013の結果はこちら