バンコク旅行で絶対外せない! 厳選おすすめレストラン&カフェ

ピックアップ

2014/3/27

 GWまであと1ヶ月。みなさん旅の予定は、もう決まりましたか? 近年、海外旅行先としてブームになっているのがタイのバンコク。2013-14年の年末年始の渡航者数は、人気のハワイ・韓国をおさえ第1位に! ここ数年でバンコクは急成長を遂げ、街の表情がどんどん変わり、かわいいカフェや雑貨屋さん、スタイリッシュなレストランに、リーズナブルで上質なマッサージが受けられるスパも急増。女性の日本人観光客がますます増えています。さらに、日本から飛行機で6時間というフライト時間も魅力のひとつ。そこで今回は、3月20日に『かわいいバンコク案内』(パイインターナショナル)を出版した料理研究家の島本美由紀さんに、メイン通りのひとつ、スクンビット周辺にある絶対に行ってほしいレストラン&カフェを聞いてみました!

島本美由紀
旅をこよなく愛する料理研究家。世界40か国、150回を超える海外旅行を経験。旅先で得たさまざまな感覚を料理や家事のアイデアに生かし、雑誌やテレビを中心に活躍中。家事全般のラク(楽しくカンタン)を追求する「ラク家事アドバイザー」としても活動。料理教室「アジアのおいしい台所」を主宰し、著書は20冊を超える。

 

■1位 レベルの高い東北(イサーン)料理を食べたいならココ!
【Thai Lao Yeh タイ・ラオ・イエー】

  • 写真の名前
  • 写真の名前

ソイ45の奥に佇む、部屋数8室のみのコロニアルなブティックホテル。この1階にあるのが、本格的な東北(イサーン)料理を味わえるレストラン。オールド上海を思わせるノスタルジックな内装とセンスを感じさせる装飾が、どこか懐かしく、古き良き時代を感じさせてくれます。サーブされる料理の数々は、器や盛り付けなどの細部にまでこだわりが表現されていて、思わずうっとり。料理は洗練された味わいでどれを食べても外れがなく、ひと皿が小さ目なので少人数でもいろいろな料理を楽しむことができます。おいしいタイ料理に、旅の疲れも吹き飛びます。

住所    Cabochon Hotel ,14 ,Soi 45, Sukhumvit Rd
営業時間  11時30分~14時、18時~23時
休み    なし
交通    BTSプロンポン駅③番出口から徒歩8分

 

■2位 プロンポンにある、かわいいカフェ&雑貨屋さん
【Parden パーデン】

  • 写真の名前
  • 写真の名前

扉を開けると目に飛び込んでくるのは、ポップでキュートなタイの生活雑貨たち。心ときめく雑貨がセンスよく並び、楽しげな世界が広がっています。ここは、タイ人の旦那さまと日本人の奥さまが夫婦で営むカフェ&雑貨店。奥には日差しがたっぷりと降り注ぐ明るいカフェ空間があり、タイの旬のフルーツがたっぷり盛られたフルーツパフェがいただけます。テーブルに座り、かわいい雑貨に囲まれながらフルーツパフェを眺めていると、顔がほころび気分までも明るくなります。見た目もかわいい、食べてもおいしい、お店の雰囲気も素敵! と、私のお気に入りがギュッと詰まっているお店です。

住所    2F The Manor 32/1 ,Soi 39, Sukhumvit Rd
営業時間  火~金曜日 9時30分~18時、土・日曜日 11時~18時
休み    月曜日
交通    BTSプロンポン駅③番出口から徒歩10分

 

■3位 やみつきになるカオマンガイ
【Raan Kai Thong Pratunam ラーン・カイ・トーン・プラトゥーナーム】

  • 写真の名前
  • 写真の名前

タイ通の人に「おいしいカオマンガイのお店は?」と聞くと、誰もが「ピンクのカオマンガイ!」と口を揃えて言うほどの人気店。鮮やかなピンクのユニフォームを着た店員さんと、店頭につるされた茹で鶏が、この店の目印。名物カオマンガイは、お肉がしっとりとしてふっくら、それに加えてとってもジューシー。さらにつやと食感が絶妙のごはんは、鶏のうまみがたっぷりと詰まっていて香りがいい。醤油ベースの辛みの効いたタレをかけていただけば、とってもアローイ(おいしい)! この味を体感したら、きっとあなたも「おいしいカオマンガイのお店は?」と聞かれたら「ピンクのカオマンガイ!」と答えてしまうはずです。

住所    960-962,Soi 30, Phetchaburi Rd
営業時間  5時30分~14時30分、17時~翌2時
休み    なし
交通    BTS チットロム駅⑨番出口から徒歩15分

 

■4位 タイの高級アロマブランドがプロデュース
【Karmakamet Diner カルマカメットダイナー】

  • 写真の名前
  • 写真の名前

プロンポンの駅前にあるベンシャシリ公園とエンポリアムデパートの間の路地を歩くこと3分。見逃してしまいそうな細い小路の奥に、ひっそりと佇むのがこちらのお店。タイの高級アロマブランドがプロデュースする、路地裏の隠れ家的な一軒家カフェ&レストランです。扉を開けると、爽やかなアロマの香りでお出迎え。内装は流行りのブルックリンスタイルを取り入れていて、倉庫や工場などの建物をリニューアルしたスタイリッシュな雰囲気です。歴史を感じさせる造りと隅々まで凝った演出に、タイムスリップしたかのような不思議な世界が味わえます。暑いバンコクだからこそ、午後のひと時をぜひここで過ごしてみて。

住所    30/1, Soi Matheenivet (Sukhumvit soi24)
営業時間  9時~23時
休み    なし
交通    BTSプロンポン駅⑥番出口から徒歩3分

 

■5位 バンコクで楽しむ地方料理
【Supanniga Eating Room スパニガー・イーティングルーム】

  • 写真の名前
  • 写真の名前

タイのレストランでいただける地方料理といえば、北・南・東北料理が主流ですが、ここはタイ東部に位置するトラート県の郷土料理がいただけるバンコクでも貴重なお店。オーナーの祖母の味がベースとなっていて、海に面したトラート県らしく、ナンプラーや干しエビなどを調理に多用した珍しい料理ばかり。牛肉と香味野菜のサラダや、海老味噌で炒めたコクあるチャーハンに野菜を盛り付けた、タイの混ぜごはんが私のお気に入り。3階まであるダイニングはスタイリッシュなデザインですが、それでいてどこかお家のようにくつろげる雰囲気。鮮やかなカナリアイエローの壁やソファーが、気分を高めてくれます。

住所    160/11 , sukhumvit 55 Rd
営業時間  11時30分~14時30分、17時30分~23時30分
休み    なし
交通    BTS トンロー駅③番出口から徒歩10分

 
 

番外編

日差しが強いバンコクの午後は、カフェでまったりするのもおススメ。本には載っていない、島本美由紀さんおすすめのカフェを、もう2件ご紹介します! 一人でものんびりと過ごせます。

■ソイ31の奥にあるオーガニックカフェ&レストラン
【Simple.Natural Kitchen シンプルナチュラルキッチン】

  • 写真の名前
  • 写真の名前

住所    235/5 , Soi Sawatdi31.
営業時間  7時~20時
休み    月曜日
交通    BTS プロンポン駅⑤番出口から車で5分

■ソイ49のサミティベート病院前にある小さなカフェ
【Casa Lapin X49 カーサラパン X49】

  • 写真の名前
  • 写真の名前

住所     Soi 49, sukhumvit Rd
営業時間  8時~20時
休み    なし
交通    BTS プロンポン駅③番出口から車で5分

昨年デモ騒動が起こったバンコクも、現在は治安は比較的安定しているようですが、渡航の際は、外務省等が発表している情報を確認してみましょう。