宮木あや子『校閲ガール』スピンオフ作品が無料公開

文芸・カルチャー

2014/4/5

 宮木あや子の小説『校閲ガール』のスピンオフ作品「皇帝の宿(全5話)」が無料公開される。第1話は雑誌『ダ・ヴィンチ』5月号と、「ダ・ヴィンチニュース」で、2話以降はJTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」での公開となる。

『校閲ガール』は2014年3月に発売されたばかりの宮木あや子の最新作。雑誌の編集者に憧れて出版社に就職した河野悦子(こうの・えつこ)が主人公だが、彼女が配属されたのは編集部ではなく、原稿の誤りや不備を正すのが役目の校閲部だった。そんな悦子の周りでは、たびたびちょっとした事件が起こって……。独自の感性で難題を切り抜けていく悦子の姿に元気がもらえるワーキングガールズエンタメだ。

 今回のスピンオフ企画は「とある広場であの人と」と題されており、毎月新たな“あの人”が登場する。今回の“あの人”は『校閲ガール』にて、主人公・悦子を校閲に指名したエロミステリーの大御所作家・本郷大作。スピンオフ第1話では本郷が妻・亮子の書き置きを見つける場面から始まる。書き置きには「――あなたの浮気相手達にお会いしてきます」とだけあり、いつ戻るともどこに行くとも書いてないため本郷は軽いパニックに陥る。妻はどこへ行ってしまったのだろうか、編集者にはどう説明しようか、悩んだ本郷がとった行動とは――。

⇒「皇帝の宿(第1話)」(ダ・ヴィンチニュース)
⇒JT「ちょっと一服ひろば」