リア充爆発でスッキリ! 街なかでいちゃつくリア充カップルにイラつく非リアはこのマンガを読め!

マンガ・アニメ

2014/4/5

 電車の中で向き合って立ち、耳元で囁きあっているカップル。人目もはばからず、駅の改札で抱き合ったりキスしたり…。みなさんも、そんなカップルを見るたびに「リア充爆発しろ!」と思ったことがあるのでは? そんな願望も、3月14日に発売された『それを、こう。』(大野そら/一迅社)を読めば叶えることができるのだ。この本では、最近流行りの“理想のカップル”や“恋人ができたらこういうことがしたい!”というイラストを徹底的に壊していく。その壊し方とはどんなものなのか、一緒に見てみよう。

 まず、クリスマスといえば、サンタクロース。ミニスカサンタのコスプレをした彼女が、家までプレゼントを届けに来てくれたとしたら、かなりテンションが上がるはず。しかし、その喜びを悟られないために「プレゼントって。その前にその寒そうなカッコなんとかしろよ」などとそっけない言葉を返す彼氏。それでも気にせず「いーじゃん可愛いじゃん」「とにかくプレゼント開けてみてー」といちゃつく彼女。こんなカップルがいたら、たしかにぶち壊したくなるのもわかる。だから「どーせ“プレゼントは私でしたー”とかってオチなんじゃねーの?」と言う彼氏に、彼女がプレゼント越しに顔面めがけて膝蹴りをお見舞いするのだ。この浮かれきったテンションからの落差がたまらない。

 また、ベンチに座って「はいあーん」とおにぎりを食べさせようとしているカップルの場合。彼氏の方は、「ひとくちもらったから大丈夫」「お前が食べればいいだろー」なんて言いながら、なかなか食べようとしない。そんなじれったい様子の彼氏には、彼女の方がこぶしごと彼氏のお口の中へおにぎりをイン! ついでに体重ものせているので、ベンチまで破壊してしまう。

 そして、デート中の彼女が「ほら。見て。このミニリュックかわいくない?」といったように、後ろを歩く彼氏にリュックや靴、服などを見せているシーンもよく見るのではないか。彼氏の方は「んなちっちゃいリュック持って何入れるんだよ」と言いながらも、結局は「いーじゃーん。オシャレだよ。オーシャーレ」と自慢する彼女に、「おしゃれかぁ。でも可愛いよ」と褒めてあげる。この甘~いやりとりをぶち壊すために、彼氏が彼女のリュックをつかんでぐるぐる振り回し、ハンマー投げの要領で投げ飛ばすのだ。

 さらに、女子の憧れでもある壁ドンしながら「チューしてよ」と迫る彼氏には、サッとしゃがみこんでズボンを脱がし、カポエイラの技のように手を床について両足でアゴをめがけて蹴りあげる。このときの男の子の間抜けそうな顔を見たら、イライラも吹っ飛んでしまうだろう。

 みなさんも、もし電車や街中でいちゃつくカップルを見かけイラッときたら、この本を思い出して、脳内でリア充を爆発させてみてはいかがだろうか。

文=小里樹