雑誌『Hot-Dog PRESS』、デジタルで40オヤジ向けに復活

文芸・カルチャー

2014/5/14

ホットドッグプレス

講談社は雑誌『Hot-Dog PRESS(ホットドッグプレス)』のデジタル版を、NTTドコモが6月に提供を開始する「dマガジン」で配信すると発表した。

『Hot-Dog PRESS』は講談社が1979年から2004年まで25年間に渡って発行していた、若者男性向けの情報誌。今回、休刊から10年を経て、今の「40オヤジ」をターゲットに復活する。体裁はスマートフォン、タブレット向けのデジタルマガジンで、特集1本はスマホ画面で約30~40P分で構成され、特集ごとにミニ電子書籍としても販売する。ミニ電子書籍はアマゾンはじめ、電子書店、ストア各店で購入可能。

<連載、特集など、予定している企画は以下の通り>
・往年の名物連載、北方謙三の「試みの地平線」を完全再録
・「いまさら人に聞けない“進撃の巨人”講座
・最新のSNS系アプリの40オヤジらしい使い方がわかる「スグわかる&使えるSNS系探検隊
・「ゆるポチャでもいいじゃない? 愛されオヤジ“メタぼん”になる!
・「女探偵がこっそり教える上手な浮気の続け方&ごまかし方

8月を目処にiOSのNewsstandでも配信する予定。