「妖怪ウォッチ」、国内累計販売本数100万本を突破

エンタメ

2014/5/28

妖怪ウォッチ

「妖怪ウォッチ」(レベルファイブ)

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、レベルファイブが2013年7月11日に発売した、ニンテンドー3DS向けソフト『妖怪ウォッチ』の国内累計販売本数が100万1890本に到達したと発表。

 『妖怪ウォッチ』は、夏休みにウィスパー(妖怪)から妖怪ウォッチを手に入れた主人公(ケータ/フミ)が、さくらニュータウンの至る所に出没する妖怪たちと友達になり、不思議な妖怪ワールドを体験していくストーリー。テレビアニメ化やグッズ展開といったメディアミックス効果により、昨年末から売上げを伸ばし、発売から46週目で100万本を突破する異例の大ブレイクとなった。中でも玩具の「妖怪メダル」は、小学生を中心に流行し品薄になるほどの人気商品となった。2014年7月10日には、『妖怪ウォッチ2 元祖』『妖怪ウォッチ2 本家』(ニンテンドー3DS)2バージョンでの新作発売が決定しており、引き続きヒットが期待される。

「妖怪ウォッチ」売上速報(集計期間:2013年7月11日~2014年5月25日/販売週数:46週/ファミ通調べ)