誉田哲也『ストロベリーナイト』スピンオフ作品が無料公開

文芸・カルチャー

2014/6/6

 誉田哲也の小説『ストロベリーナイト』のスピンオフ作品「落としの玲子(全5話)」が無料公開される。第1話は雑誌『ダ・ヴィンチ』7月号と、「ダ・ヴィンチニュース」で、2話以降はJTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」での公開となる。

『ストロベリーナイト』は警視庁捜査一課所属の姫川玲子を主人公とした「姫川玲子」シリーズの第1作。『ソウルケイジ』、『シンメトリー』、『インビジブルレイン』など続編も多く刊行されている。竹内結子主演で同名のテレビドラマや映画なども制作された人気警察小説だ。

 今回のスピンオフ企画は「とある広場であの人と」と題されており、毎月新たな“あの人”が登場する。今回の“あの人”は「姫川玲子」シリーズの主人公・姫川玲子。

 スピンオフ第1話では、姫川が管理官の今泉、係長の山内という2人の上司とともに居酒屋で会合を開いている場面から始まる。内容は捜査一課殺人犯捜査十一係の今後の人事について。姫川は人事について強い要望を持って参加したのだが、係長の山内はほぼ発言せず、管理官の今泉も、姫川の要望をのらりくらりと避けるばかり。中途半端な会に対して、何のために呼び出されたのかといぶかしむ姫川の視界にある物が映った――。

⇒「落としの玲子(第1話)」(ダ・ヴィンチニュース)
⇒JT「ちょっと一服ひろば」