短編小説『記憶』角田光代 ヴァロットン作『ボール』より

ピックアップ

2014/6/6

 6月14日(土)から、東京・丸の内にある三菱一号美術館にて「ヴァロットン ―冷たい炎の画家」展が開催される。そこで、展覧会の開催を記念して、作家の角田光代さんに、ヴァロットンの代表的な3つの作品からイメージした3作の短編小説を書き下ろしていただいた。ここでは、そのうちの1編をご紹介しよう。 《ボール》1899年 油... 続きを読む