映画『呪怨』最新作公開! 「苦手な人は見ないほうがいい」ノベライズを手がける大石圭が『呪怨』を語る

文芸・カルチャー

2014/6/20

『呪怨―終わりの始まり―』(大石圭 KADOKAWA 角川書店)  Jホラーの代名詞とも言える映画「呪怨」シリーズ。シリーズ第1作の『呪怨 劇場版』の公開から11年。キャストはもちろん、監督も製作陣も変わり続けているが、同シリーズのノベライズは一貫してホラー作家の大石圭さんが手がけている。  それまでノベライズを手が... 続きを読む