暗い廊下とうしろの玄関

幽・Mei(冥)BOOKS

2014/1/23

ほんの少しの恐怖で、世界は一変する
自らの体験談を含む恐怖譚
 
はたして、幽霊はいるのか? 怪談は不謹慎なものなのか? 自身の周辺でおこった怪異譚から、己の怪談観をつまびらかに描く問題作まで、怪談をこよなく愛する押切蓮介が描く怪談実話系コミック。7年に亘る怪談専門誌『幽』の連載が一冊に。巻末には作家・黒史郎との説教対談を収録。