購入者に合わせて内容がアレンジされる! いとうせいこう『親愛なる』期間限定発売

文芸・カルチャー

2014/6/24

BCCKS(ブックス)では、購入者によって本の内容が変わる「パーソナライズド出版システム」の小説版として、いとうせいこう著『親愛なる』を2014年8月31日(日)までの期間限定で発売した。

1997年、いとうせいこう氏が企画し「メール配信」のみで発表された『黒やぎさんたら』という小説はメール配信というメディアの特性を活かした、読者ひとりひとりで内容が違うという小説だった。今回、BCCKS(ブックス)が持つ1冊ずつ異なる本を生成できる「パーソナライズド出版システム」を使用し、『親愛なる』という新たなタイトルを付け「紙の本」として出版される。

内容がひとりひとりで異なるほか、寺田克也氏、KYOTARO氏、フキン氏の3名が手がける挿絵も、誰の挿絵になるのかは本が届いてみないとわからないしくみになっている。

『親愛なる』は、申し込みを受けてからひとり分ずつ本を作製し発送される。販売は2014年8月31日(日)までの期間限定。この機会に自分だけの小説を体験してみてはいかがだろうか。

●作品概要
――ある日、いとうせいこうの元に届いた謎の長文メール。そのメールに返信したことから、小説家としての意地をかけた勝負が始まる。
タイトル:『親愛なる』
著者:いとうせいこう
発売期間:2014年6月16日(月)~8月31日(日)
価格 1900円(税込、送料別)
仕様 新書サイズ(W110 × H180mm) / 224ページ
企画・発行 ボストーク株式会社、ucnv
協力 株式会社BCCKS
申込:いとうせいこう『親愛なる』申込ページ
※オンラインでの販売のみ  ※クレジットカード決済のみ対応