最も好きな音楽ジャンル、20代の5人に1人が「アニメソング」

音楽

2014/6/25

 スカパー! が男女1000人を対象に実施した「音楽ライブと音楽視聴に関する調査2014」。その中で、音楽を聴くことのある988人に、最も好きな音楽ジャンルを聞いた結果が発表された。

 最も多かったのが「ポップス(J-POP、K-POPなど)」の46.6%、「ロック」12.3%、「アニメソング」12.1%、「演歌・歌謡曲」8.9%、「クラシック」6.1%、「フォーク」4.4%と続いた。年代別にみると、10代、20代では「アニメソング」を選んだ割合が他の年代層より高く(10代35.2%、20代20.4%)、20代の5人に1人が「アニメソング」が一番好きという結果に。

 ではいったいどんな「アニメソング」が支持を集めているのか。「究極のアニメソング」というお題のもと上位10位にランクインしたのは?

1位 『残酷な天使のテーゼ』

eva_

2位 『タッチ』
3位 『宇宙戦艦ヤマト』
4位 『CHA-LA HEAD-CHA-LA』
5位 『サザエさん』
6位 『マジンガーZ』
7位 『アンパンマンのマーチ』
8位 『ルパン三世のテーマ』
9位 『鉄腕アトム』
10位 『おどるポンポコリン』
(全回答者数:1000人)

 昨今のアニメ人気とともに、OP、EDとたくさんの新しい楽曲が誕生しているが、ランキングをみてみると、長く愛されている作品のアニメソングが目立った。

【アンケート】
「音楽ライブと音楽視聴に関する調査2014」(スカパー調べ)
対象:全国の15~69歳の男女1,000人
実施期間:2014年5月23日~5月30日