【イグ・ノーベル賞の傾向と対策】「5秒ルール」「へそのゴマ」…、過去の受賞研究から受賞の可能性を探ってみた

科学

2014/7/6

『イグ・ノーベル賞 傾向と対策』(久我羅内/阪急コミュニケーションズ)  最近、Webで読めるユニークな卒論がネットで話題になったり、各地で「卒論Night!」なるイベントが開催されたりと、アイデアに脱帽するオモシロ研究に注目が集まっている。これまでにも、小学5年生による「アサリがあっさり死んだわけ」、中学2年生によ... 続きを読む