キャバ嬢に“化けた”女子大学院生に学ぶ、社会学の存在意義

社会

2014/7/8

『キャバ嬢の社会学』(星海社)  19歳のとき、大澤真幸の『身体の比較社会学〈1〉』『身体の比較社会学〈2〉』(ともに勁草書房)に衝撃を受け、社会学に没頭したガリ勉女学生がいる。彼女は、同志社大学から大学の大学院へと進学したが、その人生を雑誌『小悪魔ageha』(インフォレスト)との出合いによって大きく変えられる。 ... 続きを読む