「おんふり」「あまんじゃく」とは? 日本人の情感あふれる雨の言葉たち

文芸・カルチャー

2014/7/23

『雨のことば辞典』(倉嶋厚、原田稔/講談社)  今年も、夏がやってきた。夏といえば強烈に照りつける太陽。そして、かつての夕立、近年ではゲリラ豪雨なんてものが名物になりつつある“雨の季節”でもある。何処からか視界を覆うほどの大きい雲が突然姿を現し、「雨気」が辺りに広がっていく。ぽつぽつと「雨粒」が地面を叩くたびに「雨染... 続きを読む