横浜Fマリノスサポーターも… なぜサッカーには人種差別がつきものなのか

スポーツ

2014/9/16

『サッカーと人種差別』(陣野俊史/文藝春秋)   2014年8月に開催されたJリーグの試合で、横浜F・マリノスのサポーターの1人がバナナを振って、対戦相手の外国人選手を挑発するという事件が起こった。有色人種(主に黒人)を「猿」と貶める、愚かな人種差別行為だ。  その年の3月には、「JAPANESE ONLY」の横断幕... 続きを読む