読者だけがすべてを見通せる、切ない純愛ミステリー

文芸・カルチャー

2014/10/6

『Nのために』(湊かなえ/双葉社)  『告白』でデビュー以来、当時の流行もあってイヤミスの代名詞のように言われていた湊かなえだが、4作目となる『Nのために』(湊かなえ/双葉社)を読んだとき「あれ?」と思った。読みごこちのいい話ではないし、胸が潰れるような描写も各所にあるのだが、それでも本書はこれまでの作品とあきらかに... 続きを読む