西尾維新 小説作品 初の電子化!

文芸・カルチャー

2014/10/15

2014年10月15日(水)、西尾維新の新刊小説『掟上(おきてがみ)今日子の備忘録』の電子書籍版が配信された。

同作は、電子書籍化のリクエストが数多く寄せられてきた新刊。すべての記憶を一日でなくしてしまう探偵・掟上今日子を主人公とした新シリーズだ。西尾氏の小説作品の電子書籍化は初めてで、今回紙の書籍の発売と同時配信となった。

さらに、『掟上今日子の備忘録』特設サイトもオープン。著者からのメッセージや、プロモーションムービーなども公開されている。ぜひチェックしてみてほしい。

■書籍情報
掟上今日子の備忘録
文:西尾維新 絵:VOFAN
定価 : 本体1250円(税別)
掟上今日子(おきてがみきょうこ)――またの名を、忘却探偵。
すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!
あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介(かくしだてやくすけ)は今日も叫ぶ。
「探偵を呼ばせてください――!!」
スピーディーな展開と、忘却の儚さ。
果たして今日子さんは、事件の概要を忘れてしまう前に解決することができるのか?