小川洋子や東野圭吾も…作家が憑りつかれる数学の魅力 『パラドックス13(サーティーン)』など

文芸・カルチャー

2014/10/27

『博士の愛した数式』(小川洋子/新潮社) 公式の暗記や筋道を立てた証明、そして必要不可欠なひらめき。難解なイメージがつきやすく、どうしても敬遠されがちな「数学」。だがその論理には、物語を読み解くような... 続きを読む