北欧5カ国大使館主催 北欧ミステリー・フェス2014!ふたりの人気女性作家が来日!

文芸・カルチャー

2014/11/12

 今、北欧発のミステリー文学が日本も含め世界的に大ブーム。人気の秘密は、単なるエンターテイメントではなく、虐待、アルコール依存、移民差別など深刻な社会問題を扱い、登場人物の人間ドラマとしても読みごたえのある作品が多いこと。ミステリーが熱い北欧より、ふたりの人気女性作家が来日し、自作について、良質なミステリー文学を生み出す北欧の土壌について紹介する。

また、この秋、北欧を訪れた作家・堂場瞬一が、講演「北欧ミステリ聖地巡礼」で北欧ミステリーの魅力を語る。北欧ミステリーを手がけてきた3人の翻訳家(柳沢由実子、ヘレンハルメ美穂、古市真由美)による鼎談も必見。司会進行を務めるのは、北欧ミステリーに造詣が深い評論家、杉江松恋。

<来日作家>

レーナ・レヘトライネン

(C)Tomas Whitehouse

レーナ・レヘトライネン Leena Lehtolainen(フィンランド)

代表作:『雪の女』『氷の娘』『要塞島の死
いずれも東京創元社・創元推理文庫

カミラ・レックバリ

(C)Bingo Rimer

カミラ・レックバリCamilla Lackberg(スウェーデン)

代表作: エリカ&パトリック事件簿シリーズ
氷姫』『説教師』『悪童』『死を哭く島
踊る骸』『人魚姫』『霊の棲む島
いずれも集英社文庫

●北欧5カ国大使館主催 北欧ミステリー・フェス2014

2014年11月22日(土) 13:30~18:00 開場13:00
立教大学池袋キャンパス8号館8101教室 東京都豊島区西池袋3-34-1
入場無料 日本語・英語の逐語通訳付き
⇒立教大学ホームページ

●北欧ミステリー・フェス2014前夜祭~来日女性ミステリー作家が語る北欧の魅力

2014年11月21日(金) 19:00より
北欧ミステリー作家によるトークショーとサイン会を開催。会場には11月1日より21日まで北欧コーナーを設置。
⇒代官山 蔦屋書店