「賛否両論すべてを受け止める準備がある」 安達祐実×宮木あや子対談

映画

2014/11/22

『花宵道中』(宮木あや子/新潮社)  第5回「女による女のためのR‒18文学賞」で大賞と読者賞をW受賞した宮木あや子のデビュー作『花宵道中』が映画化された。ヒロイン・朝霧を演じるのは安達祐実。芸能生活30周年という節目に、彼女がこの作品を選んだ理由とは? 主演女優と原作者がそれぞれの胸の内を語る。 ――映画化の話はい... 続きを読む