これで2015年のスタートは完璧! “なりたい私”を叶える雑誌特集ベスト5

暮らし

2014/12/16

 曜日の配置に恵まれた今年の年末年始、9連休と例年より長めのお休みに旅行や帰省を計画している人も多いのでは。大切な人と過ごす楽しい予定と合わせて、この一年を振り返り、新年の目標や計画を立てる時間も少しは持ちたいものだけど、とはいえせっかくのんびりできるお正月にぶ厚い参考書や自己啓発本を開く気にはなれないもの。そんな時ちょうどいいのが、新しい年のスタートダッシュを応援してくれるさまざまな雑誌特集。楽しく読みながら自分磨きのヒントも見つかる、絶対見逃せないお役立ち記事を厳選して紹介。新年早々まわりに差をつけちゃおう!


OZ plus

『OZ plus』1月号(2014年11月28日発売/スターツ出版)

 毎年とりあえず新調するけど書いてあるのは身近な予定だけ、どのページも空白だらけでイマイチ使いこなせない……、そんな人のために贈る特集「とびきりの手帳活用術!」。この1年のやりたいことや目標など“なりたい自分”を手帳に書き込むことで、日々の意識や行動までも変えてくれる「自分手帳」の書き方・使い方を伝授します。結婚、お金、健康、美容など、女性なら誰もがぶつかる人生のテーマも、手帳の書き方を変えるだけで今まで見えていなかった意外な突破口が見つかるかも!? また島本理生さん、安藤美冬さん、板井麻衣子さんら、各界で活躍するみなさんの普段使っている手帳の中身を大公開。雑誌の切り抜きを貼ったり見た映画の感想を書き留めたり、十人十色な使い方は“こんな風に使ってもいいんだ!”と目からウロコのはず。

 さらに本誌を購入すると無料でダウンロードできるデジタル付録として、いざという時にあると助かる「冠婚葬祭のスマートマナーBOOK」が。デジタル版だから“あれ、これってどうするんだっけ……!?”なんて外出先で迷った時にも、スマホやタブレットからさっと確認できて便利です!


装苑

『装苑』1月号(2014年11月28日発売/文化出版局)

 モード誌としてはちょっと意外な贈り物特集「作る、選ぶ、包む、ギフト。」では、専属モデルとしてこの号の表紙も飾っているSUMIREさんはブーケを、花梨さんは刺繍のロゼット作りを、ファッションデザイナーの経歴も持つ田中シェンさんはラッピングに挑戦。さらに気鋭のクリエイターたちの「贈って喜ばれたもの、この冬贈りたいもの、贈られて嬉しかったもの」を一挙公開。ただモノを選び買うだけでなく、手渡すまでの過程も合わせて贈るような、あげる側も受け取る側も一緒に嬉しくなれる贈り物のかたちを提案しています。イベント目白押しの冬〜年度の切り替わりで人の動く春にかけては贈り物を選ぶ機会も増えるはず。来たるシーズンにむけて、この特集で贈り物センスを磨いてみてはいかが。

 第2特集は「2015年の新しい才能」と題して、ブランド、モデル、デザイナー、カメラマンなど各分野で注目のニューフェイスを紹介。2015年を鮮やかに彩るに違いない旬の顔を先取りして、アンテナ感度を高めよう。


Gina

『Gina』1月号(2014年12月6日発売/ぶんか社)

 まず見た目から入るのも、なりたい自分に近づくには有効な方法ではないでしょうか。20代後半〜の“自分らしさ”を持っている女性たちに向け、シンプルななかにもポリシーを感じるスタイルを発信しているGina。今回の特集はズバリ「28歳の変わりたい願望、叶えます!」。28歳ともなれば仕事も一人で回せるし、何か役職についていたっておかしくない。歳を重ねたらその分、好きな服(若い頃と変わらずカジュアル)と周囲の環境(気付いたら大人が増えてた)にズレが出るのも当然ですよね。そんな悩ましい時期に突入した、いくつになっても自分らしいおしゃれを諦めたくない働く女子は必読の内容!アイテムを一つ変えるだけで見違えるコーデ術、人気ブランドプレス&ショップスタッフが教えるスタイリングのコツ、そろそろ買い揃えたい名品リストなど、好きな服のスタイルはそのまま、今よりキチンと上品に見える着こなしとアイテム選びのヒントが満載。

 第2特集は人気ヘアメイク・笹本恭平さんが提案する「真冬のTPO別ヘアアレンジ」。手っ取り早くイメチェンできる簡単アレンジは、デート、女子会、パーティとお出かけが増えるこの時期は特に重宝&髪とTPOに合わせたメイクのワンポイントアドバイスも嬉しい。


からだにいいこと

『からだにいいこと』2月号(2014年12月16日発売/祥伝社)

 美味しいものを食べて飲んで、寝て、起きたらまた食べて飲んで……。なんて、ダラけた過ごし方も許される年末年始だけれど、そこで唯一心配なのがお正月太り。甘い汁を吸ったツケは必ず返ってくるもの、あとあと鏡に映る自分を見て後悔しないように、最低限のメンテナンスは継続しましょう。からだにいいことの特集は「大人のやせスイッチは骨と関節だった!」。1分でくびれる「鎖骨枕」エクササイズ、下半身が細くなる「股関節ヨガ」、歪みを直して小尻に導く「恥骨押し」、etc……、紹介しているメソッドはどれも自宅で手軽にできるものばかりで、これなら寒さを言い訳にしてサボる心配もなし。洋服の厚みで身体のラインをごまかせる今のうちに習慣化しておけば、いつも夏前に慌てて始める毎年恒例のダイエットも今年は必要なくなるかも?

 特別付録は「巻くだけでコリや疲れを取るナノプラチナスカーフ」。デスクワークで首や肩が常にガチガチ、という人には嬉しいですね。お正月返上で仕事という人はこれを巻いて頑張って!


anan

『an・an』No. 1934(2014年12月10日発売/マガジンハウス)※リンク先は最新号です

 SMAPが表紙を飾る『an・an』は、エンタメで2014年を振り返る「心に残る、映画・ドラマ・本。」特集。何よりも“自分が楽しむこと”が大前提のエンタメは、つい無意識に自分好みのものを無難に選んでしまいがち。でも普段から膨大な数の作品に触れているスペシャリストの選出とあれば面白さはお墨付き、自然と観てみよう、読んでみようという気持ちになれますよね。あらゆる世界観に触れ、自分の世界を豊かにすることはその時点で立派な自分磨きだし、素晴らしい作品をたくさん知っている女性ってそれだけで魅力的。正月は特に出かけずおうちでのんびりという人は、忙しくてうっかり見逃してしまった作品をここで一気に取り返して、イイ女への最初の一歩を踏み出してみては?思い切り泣きたい、声を出して笑いたい、うっとりロマンチックな気分に浸りたいなどその時の気分に合わせて選べるから、「想像してたのと違った…」なんて失敗とも無縁です!

 また次の12月17日発売の『an・an』No. 1935号は恒例の「2015年前半、あなたの恋と運命」。2015年は映画や本に負けないくらいドラマティックな展開が待っているかも!? G・ダビデ研究所、鏡リュウジ、水晶玉子ら最強布陣の占い特集で今から心の準備を!


こちらもおすすめ!

『天然生活』1月号(2014年11月20日発売/地球丸)
 特集は「料理上手の1週間」。1週間分の献立の上手なやりくりを可能にする、野菜たっぷりの常備菜やアレンジレシピを紹介。自炊派&来年こそ食生活を見直したい人に。

『ソトコト』1月号(2014年12月5日発売/木楽舎)
 特集は「地方の仕事」。住む場所が変われば仕事もその土地特有のものに。自分とは全く違う生活や働き方を知ることで、今ある環境に改めて向き直るきっかけにしてみては。

『クロワッサン』No.891(2014年12月10日発売/マガジンハウス)
 特集は「時間と労力を節約、賢い掃除のコツ」。部屋は住む人を映す鏡。いま心にモヤモヤを抱えているなら、身の回りをきれいにしたら思いがけず見えてくるものがあるかも?

『VoCE』1月号(2014年11月23日発売/講談社)
 特集は「ベストコスメ十番勝負!」。“ガチ”と宣言するラインナップは美のプロが自信をもって推薦する名品揃い。最近、キレイに何となく行き詰まりを感じている人必見。

『ランニングマガジン・クリール』12月号(2014年11月22日発売/ベースボール・マガジン社)
 特集は「マイペースをつかめ!」。一大ブームから人気が定着、始めた人からは「人生変わった」という声続出のラン。まずは基礎知識をゲットしてケガのないラン生活を。


雑誌はどこで買っても同じ、じゃない!

毎号買うなら便利&お得な定期購読がおすすめ

 気になった特集はありましたか? 最新の情報を選りすぐって入手でき、本より手軽というのが雑誌の強み。ちょっとしたスキマを楽しく埋めてくれる情報ツールとしてあなたの生活にぜひ役立てみて。もしお気に入りの雑誌が見つかったら、定期購読で購入するのがおすすめ。日々の出費はなるべく抑えたいものだけど、定期購読なら自宅まで届けてくれるので買い逃しもなく、1号ずつ買うより断然お得なのだ。期間は1年間が一般的だけれど、富士山マガジンサービスなら3カ月、6カ月などの短いコースもあるのでより手軽に始められる。バックナンバーも購入できるので、買い逃してしまったあの号ももしかしたらまだ手に入れられるかも?? さらに今なら『ちょっと待って!今買おうとしているその雑誌、無料かもよ 最大2冊無料「定期購読」お試しキャンペーン』)を実施中。全161誌の中から12月25日(木)までに定期購読を申し込むと、最大で最初の2冊が無料に! この機会に“雑誌のある生活”を始めてみては。

文=山崎 恵