「リポビタンフィール」プレゼント! BOOK BAR×ダ・ヴィンチ 第1回

健康

2015/1/6

「リポビタンフィール」プレゼントに応募する

 読書家として知られる杏さんと大倉眞一郎さんがナビゲーターを務めるJ-WAVEのラジオ番組『BOOK BAR』と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』がコラボ。本誌編集長が番組に出演するとともに、『ダ・ヴィンチ』誌面でも3人のおすすめ本を掲載します。是非、あなたのお気に入りを見つけてください。


 杏さんが「こういうメールのやりとりをすべきです!」と選んだのは、『往復書簡 カメオのピアスと桜えび』。「ビジネスでも友人の間でも、即効性が求められるメールは端的になりがち」と語る杏さんに、大倉さんも「形式的なやりとりは多い」と頷く。その点おすすめ本は「なんてことないメールだけど、実のある会話がいっぱい詰まっています」と、杏さん。「大事に毎日をすごす女性同士の、なんでもないような文章のやりとりが素敵です。こういう大人になりたいと思いました」。

 一方で『居酒屋の誕生』をセレクトした大倉眞一郎さんは、「この後、くいっと一杯いくかい?」と口火を切る。居酒屋誕生の背景のみならず、「本文中で最初に登場するつまみは芋煮で、次第にバラエティ豊かなメニューに変化していきます」と食に関する記載の多さにも注目。「タイムマシンで江戸の居酒屋に行きたくなります」と熱く語る大倉さんに、杏さんも「行ってみたい!」と興味津々で応えた。

杏さんのおすすめ

往復書簡 カメオのピアスと桜えび

『往復書簡 カメオのピアスと桜えび』
(清野恵里子、有田雅子/集英社)

 30 年来のパートナーを亡くしたアメリカ在住のアーティストが、日本の文筆家である友人に送った1通のメール。そこから続けられた心豊かなやりとりを、1冊にまとめたもの。

大倉さんのおすすめ

居酒屋の誕生: 江戸の呑みだおれ文化

『居酒屋の誕生: 江戸の呑みだおれ文化』
(飯野亮一/筑摩書房)

 江戸時代後期には、人口比率で現在と同規模に成長していた居酒屋産業。その歴史はどこから始まったのか? 日記や川柳、触れ書などから、居酒屋文化の誕生と変遷を追った書。


ダ・ヴィンチ編集長、関口靖彦が選ぶ 眠る前、おだやかな気持ちにしてくれる本

家事や仕事であわただしい一日の終わり、眠る前にはほっと一息つきたいもの。そんな時間にぴったりの本を2冊、ご紹介します。『まばたき』は、ほんの一瞬の出来事をたっぷりページ数を費やして描く絵本。蝶が飛び立つ一瞬、ティーカップに角砂糖が沈む一瞬、そしてある少女が……息をひそめて見つめていると、胸の中がしんと静まってきます。『物物(ぶつぶつ)』は画家の集めた古物を淡々と撮影した写真集。愛らしい物たちが収まったタイムカプセルのよう。

●番組情報
BOOK BAR 毎週土曜日24:00 〜25:00 ON AIR J-WAVE 81.3FM
リポビタンフィール提供


リポビタンフィール

本好きの夜更かしさんのために。
リポビタンフィールをプレゼント!
杏さんがCM キャラクターをつとめるリポビタンフィール10 本入り1 ケースを5名様にプレゼントします。リラックスタイムに本を読みながら、ゆったり飲んでお休みチャージしてください。
ご応募は以下のフォームよりどうぞ!

当選の発表は発送をもって代えさせていただきます。

応募する

<応募に際してのご注意>
お一人様、1口のご応募とさせていただきます。
応募は国内に限ります。
お預かりした個人情報は商品発送のために利用します。
また個人を特定しない統計的情報として第三者への提供および第三者との共有を行います。
それ以外の目的には使用いたしません。
個人情報の取り扱いを外部に委託することがあります。
個人情報に関するお問い合わせは、株式会社KADOKAWA メディアファクトリー
ダ・ヴィンチ編集部(03-5946-4830)までご連絡下さい。
以上個人情報の取り扱いについて同意の上、ご応募下さい。
詳細につきましては、弊社プライバシーポリシーをご覧ください。

指定医薬部外品
 
効能・効果:肉体疲労時の栄養補給、滋養強壮
用法・用量:成人(15才以上)1日1回1本(100㎖)
販売名:リポビタンDCF