身近だから恐ろしい、悪意と犯罪のバタフライ効果

文芸・カルチャー

2015/1/6

『5人のジュンコ』(真梨幸子/徳間書店)  イヤミスという言葉もデフレを起こした観があり、人の醜い面を描いたミステリはすべてイヤミスと括られることも少なくない。だが、『5人のジュンコ』(真梨幸子/徳間書店)を読み始めてすぐ、「うわあ、これだよイヤミスって……」と思わず初心(?)に返ってしまった。ヘタレな私は水割りのイ... 続きを読む