「食べログ3.14」「BBQは2人きりになりやすい」 芸人・カラテカ入江慎也氏に“合コン・飲み会成功テク”を聞いた

芸能

2015/1/30

「合コン行こうよ!」 突然そう言われたら、びっくりして目が白黒してしまうだろう。アラサー非モテ女子の私である。人生における合コン経験は、3回ぐらいしかない。美容師さんとの話題のネタ探しにも正直困ってしまうことが多いのに、知らないメンズと数時間盛り上がるなんて…頭がクラクラしてくる。しかも、10年前ならまだテンションだけで乗り切れたはずだが、今、そんな飲み会をしたら3日は寝込むこと確実である。

 とはいえ、SNS全盛期。実は、この本を手にして合コンへのハードルは一気に低くなった。知人と「合コンしてみようよ!」と企画を立ててしまったほどである。結局事情があって実現しなかったものの…「私の友達」と「知人の友達」を会わせるだけで、新しい人脈が広がるのだ。「合コン」って実はスゴいのかもしれない。

合コンから人生が見えてくる…かもしれない一冊

 今回ご紹介するのは、『カラテカ入江の合コン用語辞典』(入江慎也/日之出出版)。合コン界のファンタジスタとしておなじみの、カラテカ入江慎也さんによる合コン経験の結晶といっても過言ではない一冊だ。

 メインとなる「すぐ使いたくなる合コン用語」の他に、「合コンを制する10の陣形」「女子の表裏がわかる合コン10の法則」「合コンで絶対盛り上がる10の神フレーズ」「女子を惚れさせる10のモテテク」などなど…とにかく盛りだくさんなのだ。知らない男女の出会いの場、合コンを必ず成功させたい人や、合コンでモテたい人は必読の書である。「合コンよくあるある」な話から、具体的すぎる細かな事柄まで、入江さんの渾身のボケ付きでたっぷり語られている。

 せっかくの楽しい合コンの場、後から「アイツ痛かったね〜」なんて言われたくないもの。決して悪目立ちするのではなく、周囲に気配りしつつ、小まめなボケで自己主張してみよう。楽しくて親密な時間が過ごせる上に、誰より合コンで目立てるファンタジスタになれること、間違いなしだ。

 さらに実はこの本、袋とじ付きなのである。ポップなピンクの本の中に隠された、黒いコーナー「ちょっぴりHなオトナの合コン用語」…中身は、袋とじを開けた人だけのお楽しみだ。

 それでは、170を超える「合コン用語」の中からこれぞというものを紹介しよう。

●EXILE状態
「最初は7人で飲んでいて、あとから7人やってきて、さらに5人増えること。」
いかにも、合コンにありそうである。名前や顔が覚えられるのだろうか…。

●ささやきウーロン
「本当はお酒が飲めないのに、最初にお酒を頼んだのちに静かな声でウーロン茶を頼む女子のこと」
女子力が高い! これは女子にも勉強になりすぎる。

●カンジー
「どんなトラブルが起こっても、絶対に話し合いで平和的に解決させるデキる幹事のこと」
な、なるほど…。入江さんが幹事をするときは、他でもない、「カンジー」そのものなのである。この一言が、この一冊を貫く入江さんの哲学となっている気がする。そこで、ダ・ヴィンチニュース編集部は、入江さんに合コンに関するお話を伺うことにした。

いいこといっぱいな飲み会人生のために、まずは「カンジー」を目指せ!

川澄(以下同):読ませていただいて、すごく女性の気持ちがわかってらっしゃるなと思って。やはり「カンジー」としての経験を通して行き着いたものなんでしょうか?

入江:ホントですか? ありがとうございます。「カンジー」からかもしれないですね。幹事をすると、先輩を立てたりするので、「合コン」はその延長みたいなものなのかも。

とにかく気配りがものすごいな、と思ったんです。合コンだけではなく、ビジネスマンは職場の飲み会にも使える指南書だと思いました。

入江:ホント幹事を結構やってきたので、“幹事をやったらいいですよ”って言いたいですね。特に入社3年目ぐらいの人にね。“幹事はチャンスですよ”ってことなんです。まあ、しんどいしメンドくさいんですけど、人との出会いがあったり、上司に名前を覚えてもらえますよね。全然目立たないヤツでも、一度幹事をやって「こいつやるなー」って思ってもらえれば、毎年「お前に頼めば大丈夫!」ってなりますもんね。それに普段喋れない人とも喋れたりして、チャンスも広がりますよ。見えてくることもいっぱいあると思うんです。この上司って職場では冷たいけど裏では優しいなーとか。逆もあります、実はケチなのが見えちゃったりとか(笑)

合コンで、男女の違いも見えてくる!

昔といまで、合コンにくる男性に違いってありますか?

入江:消極的な人が増えてきましたね。「オレなんかムリだよ」って人が多いかな、って。草食系男子みたいな。本にも書いたんですけど、ぜひ一度、合コンをやってもらいたいですね。出会いも多いし、楽しいこといっぱいありますよ。

「飲み会」はいくのに、「合コン」だと行きにくいという女性が多いと思います。男性は、どんな気持ちで「合コン」に臨んでいるのでしょうか?

入江:まあ、変な言い方をしたら、男はストレートに言えば「お持ち帰りしたい」とか思ってるじゃないですか(笑)「あわよくば」っていうね。女性はどっちかっていうと、楽しみに来てる子が多いんじゃないかなー。ただ、この感じは、お見合い寄りの街コンみたいな場になってくると、また変わってくるんですけどね。街コンって、女性も割と(参加費を)出すので。男女とも本気なんですよ。合コンだと男が多く払う場合が多いですけど…。

「ケチ」「めんどくさがり」はモテない!

最近はどういう男性が合コンでモテるんですか?

入江:今も昔も変わらないですけど、やっぱ、まずケチじゃない人ですかね(笑)あとは…モテない人の特徴のほうが言いやすいかもです。

モテない男性の特徴、お伺いしたいです!

入江:身近にモテない先輩がいて、たくさん面白エピソードがあるんですけど(笑)なんかこう、良かれと思って無神経なこと言っちゃうとかね。天然で。あとは、「めんどくさがり」ね! モテない人ってマメじゃないんですよ。モテる人は、例えばプレゼントひとつにしたってお金や手間をかけたりするんだけど…あとはセンスを大事にしたりね。モテない人ってそれをしないんですよねぇ〜。

入江さん直伝! お店選び

合コンによく使うお店って、ありますか?

入江:中目黒の紅屋って鉄板焼き屋さんがオススメです。1つ個室があって、4対4ぐらいで入れるんですよ。店長がめっちゃいい人で、自己紹介が終わったあたりのスゲーいいタイミングで焼いた肉を持ってきてくれるんですよ。だから女子も盛り上がるんです。

店長、わかってますねー! 自分たちで焼かなくていいのもポイント高いですし…

入江:そうそう、とにかくわかってるんですよ(笑)多分みんな合コンに使ってるのかもしれないですね(笑) もう一軒も中目黒なんですけど、「ちゃんこ屋 鈴木ちゃん」って、鈴木おさむさんがやってるお店がオススメです。3階に15~20人入れる個室があるので、みんなでワイワイ盛り上がりたいときには楽しいお店ですね。個室だから、どんだけ騒いでも結構怒られないんですよ、大声で笑ったりね。だからオススメですね〜。

自己紹介ですべらないためには、「武器」をひとつ用意せよ!

合コンで自己紹介は必須だと思うんですけど、自己紹介が苦手な人って多いですよね。スベらない自己紹介の仕方ってありますか?

入江:合コンだけじゃなくって、普通の人付き合いでも思うんですけど、「自分の武器」を自己紹介に入れられる人って、人脈広がると思うんですよね。普通に「ライターの○○です」って言うよりも「◯◯って雑誌のライターをやってます、○○といいます」って言ったほうが距離が縮まるんだろうな、と。そうすれば「あーそうなんだ〜。僕はね、こういうのやってるんですよ」って話が広まるでしょ?そういうのを僕は人に勧めてますね。「誇れるものがない」って人が最近多いので、誇れるものを1つ持ったほうがいいと思うんです。

誇れるものを「自分の武器」として自己紹介に織り込む、と。自信を持って自己紹介に挑むのが大事かもしれないですね!

草食系メンズよ、書を持って合コンへ出陣せよ!

今、Twitterのアイコンもこの本にされてますけど、もう「めちゃくちゃ売っていくぞ」ってお気持ちで?

入江:売っていきたいですね(笑) 特に男性に手にとってもらいたいです。よく言ってもらえて嬉しいのが「合コンにこれ持って行ったら盛り上がりました」っていう言葉です。実際持って行くと、クイズみたいな感じになって、盛り上がるみたいですよ。

実際にもう、「これを持って合コンに行け!」っていう…

入江:はい! 安いしポップだし、ウケると思うんですよねー。

入江さんが考えている、2015年の合コン

2015年は、どんな合コンをしたいですか?

入江:今、夏にやるイベントの中で、バーベキュー合コンを考えてます。バーベキューに参加しながら、男女の出会いもあったらいいなって。バーベキューって、好きじゃないですかみんな(笑)それでいて、やらしい感じしないんですよね、バーベキューって。男女共に魅力を発揮できるチャンスがある。男は、火を点けるのがうまいとか、さばくのがうまいとか。女性は、料理がうまいとかね。あと、2人っきりになりやすいシチュエーションが多いのもポイントですよね、「一緒に洗いに行こうよ」って言ったり。ただの合コンより色々起こるんじゃないかなって(笑)

入江さんプロデュースのバーベキュー合コン、めっちゃ楽しそうですね!

入江:でも、バーベキューにヒールで来る女性は、俺大っ嫌いなんですよ(爆笑)「バーベキューだよー」って言ってんのに、いるんですよねー。あと「日焼けしたくなーい」とか、すげーネイルで来たりとか…「なんだそれ」って思いますね(笑)

いるいる(爆笑)そういう女子って女ウケも悪いんですよね…(苦笑)

合コンとは青春!合コン界のファンタジスタ、輝く!

最後に、入江さんにとって合コンとは何ですか?

入江:合コンとは…青春ですね。一生、青春できますからね。

深い…!

ポジティブな入江さんの姿勢から、合コンだけでなく人生についても学ばせていただいた一日となった。出会いに対して積極的でいるのが、チャンスの神様に好かれるための秘訣なのかもしれない。やっぱり企画倒れになった合コン、実現させようかなあ…。

文=川澄萌野