最近話題の女性の貧困問題。子供がいたらどうなる? どうする?【第6回】

ピックアップ

2015/1/30

近年、女性の貧困、なかでもシングルマザーの貧困が深刻だ。NHKが特集を組み関連書籍も多数出版され、社会問題となっている。しかし、効力のある法制度支援はまだなく、女性は自衛するしかない。今回は、女性がそんな貧困問題に巻き込まれないようにするにはどうすればいいのか、読んでおくと役立つ書籍を紹介していこう。

貧困というリスクを背負うシングルマザー

政府統計によると、「ひとり親世帯の54.6%が貧困」(2012年)だ。つまりひとり親世帯の半分以上は年収が122万に満たない貧困家庭なのだ。統計を見ると、このひとり親世帯の貧困が半数以上となる傾向は、じつは1985年以降、ずっと続いている。つまり、法制度的サポートが得られない状態が続いているということになる。

ひとり親世帯の多くは、シングルマザー家庭だ。総務省が2010年に行った国勢調査によると、シングルマザー全体の数は約108万人(そのうち未婚者は13%で132,000人)。シングルマザーの数は、今後も増加する傾向にあると考えられている。

シングルマザーの道を選ぶ人たちには、大きく二つのケースがある。ひとつは、「仕事があり自活していける」か「支援してくれる親・親族などがいる」という人たちだ。こうした人たちの多くは、約半分を占める「貧困ではないひとり親世帯」だ。

一方、もうひとつのケースは「仕事も無く、支援のあてもなかったがシングルマザーになった」という人たちである。

新たに仕事を探すことになるシングルマザーの前途は厳しい。というのも、なにかと時間的な制約のある育児中の女性を、多くの企業は「ハイリスクな人材」とみなすからだ。そして多くの人は思うだろう。「でもなぜ、貧困や就職難といったリスクを背負ってまでシングルマザーの道を選ぶのか?」と。

しかし、リスクを背負わざるを得なかったシングルマザーたちにはもちろん、そうせざるを得ない理由がじつはあるのだ。

男性のダメンズ化がシングルマザーを危機に追いやる

シングルマザーの貧困問題を様々な角度から考察したノンフィクション、『シングルマザーの貧困』(光文社新書)で、著者の社会学者の水無田気流(みなしたきりう)さんは、6人のシングルマザーへの聞き取り調査を行い、それぞれがシングルマザーに至った経緯や、その後の苦労談などをまとめている。

それによると、6人が全員、父親の暴力(DV)や精神的な虐待、生活費を渡さないといった経済的DVなどの被害者であり、「子どもを守るため」にシングルマザーという道を選ぶしかなかったのだ。

シングルマザーというと、社会からは「自己責任」とみなされがちだ。しかし、水無田さんは本著の「はじめに」において、こう指摘する。

現実的には、多くのシングルマザーが「わがまま」で離婚したとは言い難い実態がある。母子の精神、健康、ときには生命すら脅かされての止むを得ない選択が少なくない。

『シングルマザーの貧困』(水無田気流著/光文社新書)。

シングルマザーの貧困』(水無田気流著/光文社新書)。

つまりシングルマザーの貧困問題の背景にはこのように、「世の男性のダメンズ化」が大きく影を落としているというわけだ。

というわけでこの問題は、法制度を整えるべき行政サイドや、職を与える立場にいる企業だけでなく、結婚のパートナーとなる男性陣もが、真剣に考えるべき問題なのである。

全6章で構成された本書では、【第1章】 シングルマザーの貧困問題、【第2章】 離婚貧国・日本 ―― 豊かな国の貧しい社会政策、【第3章】 近代家族の矛盾、【第4章】 シングルマザーの「時間貧困」、【第5章】 選択的未婚の母、【第6章】 根強い日本の文化規範といった内容を通して、シングルマザーの貧困に潜む、日本の問題点を明らかにしていく。

そして著者の水無田さんは、このシングルマザーの貧困問題の核心を本書冒頭でこう指摘する。

今日の社会ではあらゆる側面で自由競争が標榜される一方、女性がひとりで子供を産み育てる自由は乏しい。それは、この国の女性が本当の意味では「生む自由」を手にしてはいないことの証左ではないのか。

(本書「はじめに」より)

合わせて読みたい3冊

 さて、ハイブリッド型総合書店hontoは、試し読みができる「立ち読み機能」も完備した(書籍によってないものもある)、電子書籍・紙書籍が共に購入できる便利なサイトだ。実用書から小説、マンガまで幅広い品ぞろえのhontoを活用して、読書でこの冬を楽しんでみてはいかがだろうか。

▼過去の書籍紹介
第5回 初詣の願いごとは「家内安全」&「無病息災」が同率最多!
第4回 3日で人生が変わる!?そうじで開運する5つの方法
第3回 忘年会に新年会…嫌な会社の飲み会は、あのベストセラーシリーズで乗り切れ!
第2回 その偏頭痛は冷えのせい!? 冷えを改善する方法とは?
第1回 職場の人間関係 働かないおじさん・こじらせ女子・ゆとり、この言葉にイラっとしたら…

紙と電子書籍のハイブリッド型総合書店honto

紙と電子書籍のハイブリッド型総合書店honto

「honto」は書店と本の通販サイト、電子書籍ストアが1つになって生まれた、まったく新しい本のサービスです。