【坂本真綾さんインタビュー】『満腹論』 1200文字に込めた美味なる日々

文芸・カルチャー

2015/2/4

撮影=羽田誠(『満腹論』より)

──そう考えると、#006の〆の「反省そして満腹」は深い…泣ける!! 『満腹論』の意味、ジワジワ来てますよ! 坂本さんが選ぶ、本書のベストエピソードは?

「運動会の借り物競争で長い棒をかつがされた話(#038・「長い棒」)が凄い好きで…というか、あの時は本当に死にたい気持ちだったんですけど…当時ブルマですからね(笑)! ネタにしたらシュールで面白く書けたなと。あとは、「インド風ホットケーキ・にしきの」(#040)とか、すき家の話(#029・「恋しくて、牛丼。」)とか…。それと、たくさんあげると自分大好きみたいで恥ずかしいんですが、マレーシアの回(#081・「クアラルンプールの空の下」)かなぁ。この本の表紙の撮影で訪れたんですけど、そこで自分の名前の意味が分かったんです。ああ、ここに行き着くために7年やってきたのかなと思うくらい、全てがつながったなぁって強く感じることができたんです。それがこの本を作って嬉しかったことです」

──坂本さんの名前の由来となった「マーヤ」の意味も、素敵なご両親の話も、本書を読んでいただくとして。坂本さんの“彩食健美”な日々が詰まった『満腹論』、どんな人に読んでもらいたいですか?

「もともと雑誌連載ということで、たまたま読んでくれる人向け、というつもりで書いて来たので、私のことを知らない人にも楽しんでもらえたら嬉しいですよね。余談なんですが…ファンクラブの会員さんたちに、発売の告知をしたときにアンケートをとったら、大多数の人が読んだことないと判明して(笑)。連載の存在すら知らなかった人もいたんですよ。」

──全然余談じゃないじゃないですか!! ファンクラブの皆さん、猛省して必ず読んでください!!

「でも逆に、雑誌でエッセイに触れただけの、ニュートラルな読者の方たちが、毎号のアンケートで面白かったって言ってくださったおかげで、こうして本になったってことは、とても嬉しかったですよね」

──最後に、連載はまだ続いていますが、次の7年に向けての豊富は?

「今回の一冊が完成しました、ってなったときになんだか終わった感じがしちゃって、次の〆切を忘れたという…(笑)。あ、まだ続いてたんだみたいな。私の〆切も、ネタ探しも続くんだって…(笑)」

青ざめる担当編集さんの隣でいたずらっこのように笑う坂本さんを見て思う。一人でも多くの人に、このチャーミングな女性の発する言葉を味わって欲しいな、と。

最近ちょっと元気がないあなた。食欲が落ちてるあなた。元気だけど腹ペコのあなた。本書に詰まった、幸福のフルコースを味わってはいかが? 読み終わったとき、あなたはきっと笑顔で感じるだろう──満腹。

撮影=羽田誠(『満腹論』より)

取材・文=水陶マコト

■25枚目のシングル『幸せについて私が知っている5つの方法/色彩』が発売中!

『幸せについて私が知っている5つの方法/色彩』
2015年1月28日発売
初回限定盤(CD+DVD)2200円(税抜)
通常版(CD)1300円(税抜)
※画像は初回限定盤
発売元:フライングドッグ
販売元:ビクターエンタテインメント