アニメ・マンガ

「単純に人外と人間の愛憎劇が好き」 『魔法使いの嫁』ヤマザキコレ インタビュー

ヒトならざる魔法使いエリアスと、彼の弟子、そして花嫁として招き入れられた羽鳥チセ。
“人外×少女”の決定版として人気急上昇中! 
3月に発売予定の3巻の見所も含め、ヤマザキコレさんにお話をうかがった

「お読みいただき本当にありがとうございます。どっきりのプラカードがいつ出てくるのか、戦々恐々としております。誰もがなぜこのマンガがこんなにものすごい順位なのか首をひねっていると思いますが、私が一番不思議に思っています。でもとても嬉しいです」

 2位獲得の感想を謙虚に語るヤマザキさんだが、『魔法使いの嫁』は既刊2巻にして早くも90万部突破。人気の秘密は、もちろん魔法使いのエリアスとチセ、その特別な関係にあるだろう。

「最初は互いに興味のなかった二人が歩み寄っていく。個人的に大いに萌えるし、描いていて楽しい関係です。チセは生きることに興味がないけれど、エリアスに育て直されることで、花が水を吸うように瑞々しくなっていく。その様子が私も描いていて実感できています。エリアスは人を獲って食いそうな外見なのに、実は中身はまるで成長していない。情緒面は幼児にも劣るところがある。彼もやはり、チセと一緒にいることで成長しているんですね」

”人外×少女”に芽生える、互いを大切に思う気持ち。それは愛情につながるのではないか。読者はやはりとても期待してしまう。

「人外×人間は、自分でも大好物です。でもそこに生まれる愛情は、恋愛、家族愛、友情、何であっても、人間同士と何ら変わらないと思っています。誰かを大切に思うこと、また嫌悪して憎むこと、それはどんな生物にも違いはない。ただ人外と人間の場合、わかりあえない別のものという対比が理解しやすいので、人間同士よりも感動が大きいかもしれません。……と考察しましたが、単純に人外と人間の愛憎劇が好きです(笑)」

”夜の愛し仔(スレイ・ベガ)”という不思議な力を持ったチセは、エリアスの弟子として魔法を学び始める。教会に依頼された〝3つの仕事〞にのぞむ二人。老いた竜の最期や猫の集う町ウルタール、いずれもミステリアスかつ美しい物語だ。妖精エアリエル、魔法機構の技師・アンジェリカ、魔術師のレンフレッドとその弟子・アリスなど、さまざまなキャラクターにも惹きつけられる。

「竜の国の話は、描きたかった現代の竜を少しだけでも出せてとても嬉しかったです。キャラは全員愛しているのですが、アリスは一番喜怒哀楽が激しく素直な子なので、私も楽しませてもらっています。孫にほしい子です」

 待望の3巻は3月10日発売予定。3つ目の仕事、教会の黒妖犬の物語の結末が描かれる。エリアスの驚くべき姿や黒妖犬とチセの意外な関係など見所がいっぱいだ。

「1〜2巻では、チセがエリアスのコートの庇護の中で世界をうかがっていましたが、3巻では彼女の視野がしだいに広がっていきます。対してエリアスはチセから少しずつ逃げて、彼女がそれを追う形に。二人の距離はじわじわと近づき、遠のき、そして変化する。二人はこれからもいろいろな物事に触れ、外の人と出会い、日常を楽しみつつ変わっていきます。それぞれが抱えている過去も含め、描いていきたいと思いますので、どうぞお楽しみください」

やまざき・これ●北海道生まれ。2013年、『月刊コミックブレイド』で『魔法使いの嫁』をスタートし、現在はWEB媒体『オンラインマガジン・コミックブレイド』と、紙媒体『月刊コミックガーデン』にて同時連載中。

魔法使いの嫁』1~2巻 (ヤマザキコレ/マッグガーデン)
身寄りのない15歳の羽鳥チセは、ヒトならざる魔法使いのエリアスに、“弟子”そして“花嫁”として招き入れられた。チセは、“夜の愛し仔(スレイ・ベガ)”という不思議な力を持っていたのだ。エリアスとともに、教会から依頼された“3つの仕事”に向かい……。3巻は、ラバーマスコットがついた限定版も同時発売。

■イギリスの児童文学を思わせる。魔法、妖精、ドラゴン……、そうそう、ファンタジーってこういうものだった! 豊かな世界でゆっくり育まれるチセとエリアスの今後が気になって仕方がない(28・女)
■エリアスの大きな優しさに胸を撃ち抜かれた(20・女)

取材・文=松井美緒/『ダ・ヴィンチ』3月号「次にくるマンガ大賞2015」特集より

ダ・ヴィンチ

『ダ・ヴィンチ』2015年3月号

KADOKAWA メディアファクトリー
定価600円(税込) 電子版500円(税込)

・第1特集 次にくるマンガ大賞2015
これから売れてほしいマンガTOP20
本にしてほしいWEBマンガTOP10
神田沙也加 エレ片 松岡茉優
un:c M.S.S Project 仮面ライアー217、他
・第2特集 柳広司の世界
伊勢谷友介 亀梨和也、他



TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ