えこひいき、極端な平等主義、ひらがな強制… 保護者のための「はずれ先生」対策

社会

2015/2/15

『「はずれ先生」にあたったとき読む本』(立石美津子/青春出版社)  子どもは親を選べない。自分が子どもだったとき、境遇を呪ったことがあるかもしれない。そんな自分が親になって、再び“選べない”もどかしさを実感するのが、保育園・幼稚園・小学校の担任発表のとき。熱心な先生が多いことはわかっているが、人には相性というものがあ... 続きを読む