理想の働き方? 複数の肩書きと分野を流浪する「コミュニティ難民」とは

社会

2015/2/16

『コミュニティ難民』(アサダワタル/木楽舎)  自己紹介をする時に、「今従事している職業」はどうしても必須事項となりがちだ。人は「職業」や「コミュニティ」によって、相手の人物像を推し量ろうとする。しかし、本当に活躍している人は「職業」の枠では捉えきれない仕事をしているのではないか? アサダワタル氏の『コミュニティ難民... 続きを読む