「ちょっとだけエッチな超感動作」染谷将太主演「みんな!エスパーだよ!」映画化決定

映画

2015/2/17

  • 若杉公徳

    (C)若杉公徳・講談社/映画「みんな!エスパーだよ!」製作委員会
    (C)若杉公徳/講談社(C)「みんな!エスパーだよ!」製作委員会

 あまりのバカバカしさで話題沸騰!!ヤングマガジンで連載され、人気を博し、2013年4月より連続ドラマ化され大きな話題を呼んだ「みんな!エスパーだよ!」が映画化されることが決定した。主演を務める染谷将太さん、監督の園子温さんから喜びのコメントが届いている。

染谷将太さんコメント
「みんな!エスパーだよ!」が、遂に映画化!ということで、果たして一体どっちの方向にスケールアップされるのか、僕自身、今からドキドキしています。きっと皆さんが想像されているよりずっと壮大で、ずっと面白く、ずっとアクションが凄くて、ちょっとだけエッチな超感動作になると思います。『映画 みんな!エスパーだよ!』、どうぞご期待だに!

園子温

園子温監督コメント
 今回、『映画 みんな!エスパーだよ!』を監督することになりました。テレビシリーズでは、ロケハンから衣装、キャスティングまで総監督的な位置でやらせていただき、できることなら全話撮影したかったのですが、仕事の都合上、たくさんの監督に何話かお任せすることになったのが自分の中では残念でしたので、映画版では全て自分で監督できることを嬉しく思っています。頑張りますので、宜しくお願いいたします。

園子温監督」関連記事
⇒愛の怪獣が東京の街に現れる!「魂の集大成」と語る園子温監督作品『ラブ&ピース』!

 ドラマ「みんな!エスパーだよ!」は「ヒミズ」「地獄でなぜ悪い」「TOKYO TRIBE」などの話題作を続々と世に贈り出し、国内外で絶賛される鬼才、園子温が監督・脚本を務め、「ヒミズ」で日本人初となるヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞し、若手俳優きっての実力派として「寄生獣」「さよなら歌舞伎町」などの話題作に次々と出演する染谷将太が主演を務めた青春SFコメディ。

 愛知県東三河を舞台に、突如として超能力に目覚めた平凡な高校生、鴨川嘉郎(演:染谷将太)と、彼を取り巻くエスパーたちとの戦いと友情をバカバカしく、そして、ちょっとエッチに描きだし、若者を中心に大きな注目を集め、テレビドラマの権威、ギャラクシー賞で2013年7月の月間賞、2013年度年間賞奨励賞<ドラマ部門>をW受賞する快挙を成し遂げた。今回の映画版は、テレビシリーズに続いて園子温が監督を務め、染谷将太の主演続投も決定し、2015年9月、TOHOシネマズ 新宿他で全国公開される。

 さらに公開を前に、現在休載中の原作が2015年3月16日(月)に発売のヤングマガジン16号より新章開始される他、春にはテレビ東京にてスピンオフ特番「みんな!エスパーだよ!番外編 ~エスパー、都へ行く~」が放送されるなど、「みんな!エスパーだよ!」プロジェクトが今後、大きな盛り上がりをみせている。

■『映画 みんな!エスパーだよ!』
原作:若杉公徳「みんな!エスパーだよ!」(講談社『ヤングマガジン』連載)
監督:園子温「ヒミズ」「地獄でなぜ悪い」「TOKYO TRIBE」
主演:染谷将太「ヒミズ」「寄生獣」「さよなら歌舞伎町」
配給:ギャガ
2015年9月 TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー