平愛梨が映画「呪怨―ザ・ファイナル―」の主演に抜擢!

芸能

2015/2/19

零~ゼロ~

呪怨
左から落合正幸監督、小林颯、平愛梨、最所美咲

 2月17日、映画「呪怨―ザ・ファイナル―」の製作発表記者会見が東京・新宿の赤城神社にて行われ、主演の平愛梨のほか、小林颯・最所美咲、そして落合正幸が登壇した。

 この日、赤城神社にて4人はお祓いの儀式を行ったあとに会見に臨み、それぞれ挨拶した。

 落合正幸監督は「ファイナルということで、清水さん(清水崇監督)が産み落とした、ホントに誰もが勝てない立ち向かえない恐怖の凝縮された映画をさらに熟成・発酵させて、現代の若い人たちが見ても怖がれるというか、楽しめるというか、今も頭を悩ませつつスタッフと協力して準備している最中です。」とコメント。

 主演のオファーを受けた時について、平愛梨さんは「最初、会社の方から聞くのではなくて、昔お世話になったスタッフさんに、“呪怨やるんでしょ?”と言われて、まさか自分だと思ってないので、“私、聞いてないよ”ということを言ってたんですけど、衣装合わせが近づくと、“呪怨やるよ”と(正式に)言われて、あの有名な呪怨? しかも私がすごく究極な怖がりなので、本当に信じられなくて、まだ呪怨をやるんだという実感が無かったんですけど、先ほどお祓いをして、ようやく実感がわいて来まして、怖いと言ってられないなという思いになりました。」と語る。

 前作から引き続き、俊雄役を演じる小林颯君は「前回の撮影が楽しかったので、この話が来てまた監督や伽椰子お母さん(最所美咲)や皆さんにまたお会いできると思って嬉しかったです。」とコメント。

 伽椰子役を演じる最所美咲さんは「続編やりたいと日記に書いていたので、私の呪いが落合監督に通じたかなと思ってすごい感激しました。ザ・ファイナルという文字を見た時にすごく身が引き締まって、今回、平愛梨さんと共演させていただくということで、私たちは全力で驚かしに行きますので、どうぞくれぐれもよろしくお願いします。」と挨拶し、平愛梨さんは恐縮しきり。

 役を演じる上で平愛梨さんは「台本読んでると1人で過ごせないくらい怖いんですね。とにかくすごく怖いんです。でもファイナルということなので、皆さんが後悔して欲しく無いので、精一杯やらなきゃなという気持ちはだんだん強くなってます。」とコメント。

 小林颯君は「前回の佐々木さん(佐々木希)より、もっともっと平さんを怖がらせたいと思います。」と宣言。

 最後に、平愛梨さんは「私がお客様と同じ気持ちにならなきゃなと思いますので、精一杯観ていただく人が、私で良かったと言ってくださるように頑張ります!」と意気込みを語った。

 映画「呪怨―ザ・ファイナル―」は6月20日(土) 新宿バルト9ほか全国公開!


■映画「呪怨―ザ・ファイナル―」
主演:平愛梨
監督:落合正幸
配給:ショウゲート
宣伝:プレシディオ

<あらすじ>
 小学校教師をしている妹・結衣の失踪を聞いた姉の麻衣(平愛梨)は、結衣が頻繁に「佐伯俊雄」という不登校の生徒の家を訪れていたことを知る。何か手がかりを得られないかと麻衣は「佐伯俊雄」の居場所を捜索し始める。しかし、その日から麻衣の周りで不可解な事が起こり始める・・・。

公式サイト
http://www.juon-movie.jp/


(C)2015『呪怨 -ザ・ファイナル-』製作委員会


文=Girls News

注目ニュース

有村架純 バースデーサプライズにビックリ!
「晴れ女」武井咲が本気でチュー!キリン・氷結の新CMが放送スタート
ポニーキャニオングラドル映画宣伝部 高崎聖子、倉持由香、鈴木咲、清水みさとが映画「放送禁止 劇場版」をPR!