あさのあつこ新作時代小説『鈴江藩江戸屋敷見聞帳 にゃん!』WEB連載スタート!

文芸・カルチャー

2015/2/19

  • あさのあつこ

 気鋭の作家を多数起用している白泉社の新しい時代小説レーベル、「招き猫文庫」WEBサイトにて、2015年2月20日(金)より新作時代小説『鈴江藩江戸屋敷見聞帳 にゃん!』の連載がスタートする。更新は毎月を予定しており、もちろん無料で楽しむことができる。

『鈴江藩江戸屋敷見聞帳 にゃん!』ストーリー
呉服屋の娘・お糸が奉公にあがったのは、三万石の小藩・鈴江藩の上屋敷。そこの奥方さまの正体はにゃんと猫だった…?

あさのあつこ
1954年、岡山県生まれ。「バッテリー」シリーズで野間児童文芸賞をはじめ、数々の賞を受賞。2011年『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞。「弥勒」シリーズ、「燦」シリーズ、『ぬばたま』『もう一枝あれかし』など著作多数。

<「鈴江藩江戸屋敷見聞帳 にゃん!」関連書籍>
■『書き下ろし時代小説集 てのひら猫語り』
著:あさのあつこ・金巻ともこ・越水利江子・時海結以・平谷美樹
イラスト:川原泉
価格:本体640円+税
江戸の町には、猫の数だけ物語がある。ある日の貸物屋で「借りたい」と依頼があったのは、白くて尻尾の曲がった子猫。怪しげな連中を追う途中で、ふところに飛び込んできた黒い猫。突然、恋のキューピッド役を買ってでた猫。奉公先の奥方にかけられた猫の化身疑惑――。『鈴江藩江戸屋敷見聞帳 にゃん!』のファーストエピソードも収録。

⇒「招き猫文庫」WEBサイト