安彦良和氏・幸村誠氏が絶賛コメント!『アンゴルモア 元寇合戦記』発売直後の重版決定!

マンガ・アニメ

2015/2/21

アンゴルモア

 WEBコミックサービス「Comic Walker」にて連載中のコミックコンテンツ『アンゴルモア 元寇合戦記』第1巻が2015年2月10日(火)に発売となったが、発売直後より売り切れ店続出となり今回緊急重版が決定した!

 『アンゴルモア 元寇合戦記』は中世日本を揺るがす大事件「元寇」を斬新な視点で描く本格歴史大河ロマン!「Comic Walker」では人気は常に上位を占め、デイリー、ウイークリー、マンスリーの各カテゴリーでいずれも1位を獲得した人気コンテンツだ。

 コミックス第1巻の帯では、『ヴィランド・サガ』・『プラテネス』の幸村誠氏が、3月10日(木)発売予定の第2巻の帯では、『機動戦士ガンダム THE ORIGINE』の安彦良和氏が、本作に絶賛のコメントを寄せている。

  • アンゴルモア

幸村誠氏コメント
ボクより上手い。なにより、たかぎさんの素晴らしい所は「戦争でない部分」を描く事に一切手を抜かない事です。市場の雑踏、干したイカ、町人の姿やしぐさ。それらをバチッと描ける人こそ、本当に戦争漫画の上手い人だとボクは思っております。

  • アンゴルモア

安彦良和氏コメント
既に相当上手いけど、これからすごく「上手くなる人」だろうなァ。特に空間表現が上手い。若い人ではめずらしい。『対馬』という空間を、うまく描いていってほしい。

さらに今回PVも解禁となった。

 緻密な歴史検証、細やかな情景描写、そして大迫力の合戦シーンなど、いままでにない斬新な本格歴史コミックだ。

アンゴルモア

■『アンゴルモア 元寇合戦記 1
恐怖の大王は海からやって来た!元寇を描く歴史ロマン!中世ヨーロッパを席巻し、恐怖の大王=アンゴルモアの語源との説もあるモンゴル軍。1274年、彼らは遂に日本にやって来た!博多への針路に浮かぶ対馬。流人である鎌倉武士・朽井迅三郎は、ここで元軍と対峙する!

アンゴルモア

■『アンゴルモア 元寇合戦記 2
元軍、ついに対馬上陸!元寇を描く歴史ロマン!博多への途上に浮かぶ対馬に、蒙古の先鋒部隊が上陸を開始する!見たこともない炸裂弾。馴染みのない集団戦法。朽井迅三郎は、海を越えてやって来た未知の敵に、どう立ち向かうのか?いよいよ両軍激突!

著者:たかぎ七彦
定価:各580円(税別)
発行:KADOKAWA
編集:角川書店