東大で1番売れた本は、刊行から29年目の文庫本!

文芸・カルチャー

2015/2/26

『思考の整理学』(外山滋比古/ちくま文庫)  2014年度、東大・早大で1番読まれた文庫は、なんと29年前に刊行された『思考の整理学』(ちくま文庫)だった。文庫化から四半世紀を経て今なお現役大学生に支持されているのは極めて異例のことだ。  『思考の整理学』は、「アイディアが軽やかに離陸し、思考がのびのびと大空を駆ける... 続きを読む