不幸な元女優を救ったのは、客のいない映画館とオタク副支配人

文芸・カルチャー

2015/3/1

『東京暗闇いらっしゃいませ 中目黒楽日座シネマ』(狗飼恭子)  理想の仕事ってなんだろう。よく「やりたいことを仕事にしたい」とはいうけれど、現実には「この仕事、案外私に合ってるかも」と、ふとした時に気がつく、なんてことはよくある。狗飼恭子著『東京暗闇いらっしゃいませ』の主人公・溝口夏十も、そんなひとりだ。  ちょい役... 続きを読む