『RDG』の荻原規子が描く歴史ファンタジーの真骨頂!15歳の頼朝は、地底の竜とどう対峙したのか?

文芸・カルチャー

2015/3/6

『あまねく神竜住まう国』(荻原規子/徳間書店)  史実は、物語の片鱗しか語らない。年号に刻まれた一つ一つの偉業は一朝一夕に達成できるものではないはずなのだ。偉人と呼ばれる人々にだって、悩み苦しんだ過去があるに違いない。絶望に沈んだ日々を乗り越えてこそ、偉人たちは偉人たりえたのだろう。  源頼朝の少年時代を描き出した『... 続きを読む