高倉健さんの肉声も収録「8・15朗読・収録プロジェクト」寄贈品のプレ公開実施

アニメ・マンガ

2015/3/10

  • 8・15朗読・収録プロジェクト

 2004年に発行され、現在は絶版となっている『私の八月十五日~昭和二十年の絵手紙』には、終戦の日をテーマに漫画家達によって描かれた124点の絵と文章がおさめられていた。残念ながらすでに絶版になっているため、2015年、戦後70年を迎えるにあたり今人舎が復刊を決定した。復刊版は、昭和20年8月15日を(1)16歳以上で迎えた人、(2)8~15歳で迎えた人、(3)5~7歳で迎えた人、(4)4歳より幼いときに迎えた人、に分けて編集される。

 そして復刊と合わせて2014年7月、作家自らに『私の八月十五日~昭和二十年の絵手紙』を朗読してもらい音声を収録する試み「8・15 朗読・収録プロジェクト」が開始された。2015年3月3日(火)時点で、高倉健さんの肉声をはじめ、石子順、海老名香葉子、北見けんいち、さいとう・たかを、里中満智子、高井研一郎、ちばてつや、林家木久扇、古谷三敏、森田拳次ほか総勢70名の収録を完了している。

 収録した朗読は、「音筆(おんぴつ)」という長さ10cmほどのペンの形をしたIT機器のみで再生可能とする。先端を本の紙面にあてると作家の声が聞こえてきて、絵と一緒に鑑賞できる。

 書籍刊行は第1巻を2015年4月、第2巻を8月に発行予定。ただし、音筆は販売せず、公募の上、平和学習の教材としてお役立ていただける団体・施設へ本とセットにして寄贈される。

 多くのマスコミに取り上げられ話題となったことで、2015年2月17日(火)には音源の寄贈先を公募することが決定。公募開始は2015年4月1日(水)からとなるが、早くも問い合わせが殺到している。

 そこで寄贈品をより有効に活用できるよう、寄贈品の使い方の例を「プレ公開」として模擬実施することが決定した。当日は寄贈セット、および貸し出し用パネルの展示がおこなわれる。

■プレ公開について
日時:2015年3月14日(土)~3月20日(金) 10:00~18:00
※14日(土)は13:00~18:00
場所:立川まんがぱーく(子ども未来センター)
〒190-0022 立川市錦町3丁目2番26号
TEL:042-529-8682

⇒プロジェクト特設サイト
⇒プロジェクト進行報告ブログ